まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
斎藤せい子

気持ちと行動に変化を起こすカウンセラー

斎藤せい子(さいとうせいこ)

アルテミス・アレス

コラム

出来事は思いで意味を持つ

今回は例え話からスタートです。

ある大手の会社の別な部署に勤める男性と女性がいました。

二人はプロジェクトメンバーとして同じ仕事をすることになり
一週間に2~3回顔を合わせ、時には二人だけで業務をすることも
多くなりました。

ある日、二人で会議室で打ち合わせをしていた時のこと、
マナーモードにし忘れた女性の携帯に電話がかかり、
着メロがなりました。

着メロを聞いた男性が驚いて、こう言いました。
「俺とおんなじ着メロだよ。すごい偶然だね!!」

その着メロのタイトルは「君の瞳に恋してる」でした・・・。

ここで皆さんに質問です。
二人はこの後恋人同士になったでしょうか?

この話、実は私の体験談です。

で、結論から言うと恋人同士にはなりませんでした。

相手の男性はもともと私をタイプと思ってくれていたらしく・・・。
「これは運命!!」と思ったようで、この後熱心にアプローチしてくれました。
(後から他の人に聞きました)

一方、私はもともとその男性の事を仕事はできるけど配慮が足りないとか
押しつけがましいところが苦手、というか嫌いでした。
そこで、速攻で着メロを変え、相手に分かるように距離を置きました。

これは別に私のプチモテ自慢をしたかったわけではありません。

お伝えしたかったのは、人は同じ体験をしても受け止め方はまったく違うという事。
そして、その受け止め方はもともとの自分の思いを強化するように働くという事。

要するに、自分が思いたいように思うのだということです。

起きた出来事そのものには良い・悪いはありません。
その出来事のどの側面を見て、どんな「意味」を持たせるのかは
自分の思い次第なのです。

今日起きる出来事にどんな意味を持たせますか?

自分の思いの傾向を見つける為の第一歩となる、
「SP(サブパーソナリティー)トランプ」体験セミナーはこちら
⇒ http://www.artemis-ares.jp/index.php?trump%20seminar3

この記事を書いたプロ

斎藤せい子

斎藤せい子(さいとうせいこ)

斎藤せい子プロのその他のコンテンツ

Share

斎藤せい子プロのその他のコンテンツ