まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山陰・島根
山根浩二

現状変革を支援するプロ

山根浩二(やまねこうじ)

サポートコーチ出雲

コラム

人と違う事を恐れていたのが、逆に自分の強みだったのだと腑に落ちました

セッションを受けておられるクライアントさんからのメールを公開します。

人と違う事を恐れていたのが逆に自分の強みだと腑に落ちました



セッションを通じて、沢山の気づきを得て、考えが変わっていっていて、行動と結果が変わっていっています。
。。。。。
参考にしてもらおうと、インタビュー記事を送りました

以下

ムロツヨシさんの記事、ありがとうございます。
https://r25.jp/article/528092258478579901


同じような悩みを抱えておられたんですね。

自分も一人でなんとかしようと思ってしまうタイプなので、

自分の弱さを認めて人に頼ることが必要なんだなって思いました。

それこそ、分からないことは自分でどうにかするのではなく、ちゃんと人に聞くという事にも通じますね。


前回のセッションを通して、他人と人は違って当たり前という事の意味を考えてみたら、

人と違う事を恐れていた事に気がつきました。

人と違う自分では、嫌われるんだと。

自分の好きなことを話すことは人から引かれるし、恥ずかしい事だと思っていました。

でも、思い返してみると、仕事場で自分の事を話すとき、自分がアニメが好きだった事や、

一人でいるのが好きな事など、素の自分を話すと、沢山笑ってもらえるし、質問も沢山されるんですよね。

かといって、それで嫌われることはないなと気がつきました。


そう思えたら、逆に人と違うという事は強みになるという事が腑に落ちてきて、

自分は自分のままでいいのだと思えるようになりました。

そうしたら自分に自信が持ててくるし、素の自分が嫌われるなら、相性が悪かったのだと、考えが変わりました。

この考え方の軸を、これからしっかり育てていきます。
。。。。。。。

その時々にクライアントからテーマに出された事をセッションで扱う中で、こんな事が沢山起こってきます。

お読み頂きありがとうございます

コーチングを受ける事は現状変革・突破的な成果のチャンスです



興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください

[[Yahoo知恵袋 山根浩二の回答https://goo.gl/rbLMs5]]

実際の対話事例

お問い合わせは、こちらから

この記事を書いたプロ

山根浩二

山根浩二(やまねこうじ)

山根浩二プロのその他のコンテンツ

Share