マイベストプロ山陰・島根
  1. 専門職|クライアントアンケート(3)セッションを受ける事にハードルがありましたか?

コラム

専門職|クライアントアンケート(3)セッションを受ける事にハードルがありましたか?

2020年7月12日 公開 / 2020年7月20日更新

テーマ:セッションを受けての喜びの声

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

コラムキーワード: マインドフルネスパーソナルトレーニングメンタルヘルス 対策

こんにちは、サポートコーチ出雲の山根浩二です。

今日は、以前行ったクライアントアンケートの中で教えて頂けた事を書いてみます。


A.山根のセッションを受けてみようと思った決めては、何だったんでしょうか?

Q.最初は、受けてみて、どうなるかの試しという事だったんじゃないですかね。

あとは、その時の自分自身の状況、この時に何か力が欲しい、何かヒントが欲しいという自分の状況があったと思います。他に、何も当てがなかったというのもあったと思いますね。

A.最初に、セッションを頼まれる時には、何かハードルがありましたか?


Q.それは、無かったですね。

A.それは、何故だったのでしょうか?

Q.・・・・・・・う~~ん



A.では、もし、インターネットで調べて、会ったことも無い人に、セッションを頼むとしたら、何がハードルになったのでしょうか?



Q.あーっ、それなら、お金を払うというのも、ハードルでしょうね。一回数万円として、その結果の予測もつかないですし、、、

それを言うと、予想とか予測というのは、もちろん当たる事は無いのだけども、この人だったら、ある程度何かが得られるだろうと思えるのか?そこの確信があるかどうか。そう思えるかどうかが分からないじゃないですか。

逆に言うと、ある程度、知ってれば、この人は、こんな力があって、人脈があって情報とかを持っていそうだからとか、ある程度は自分に得られるモノがあるのじゃないかと予想が付くんですよ。

インターネットで調べて見つけた、全く知らない人でも、まあ何かが手に入るとは思うのですけど、全く予想が付かない

人によると、払った金額と比べて、損得で考えるかもしれませんが、私はそうではないですね。何かが手に入れば、それがキッカケになって変わっていくかもしれないですから。

欲しい時には何でも良いんですよ、何かが手に入れば、それこそ、”藁をも掴む”みたいな。


何かが手に入るかどうかを、どれだけ強く思えるかどうか?それは、その人をどれだけ知っているかどうかで、随分違ってくると思うんですよ。



A.先ほど、ハードルが無かったと言われたじゃないですか?という事は、その時には、今言われた事が埋まっていたという事でしょうか?

Q.そういう事ですね。

山根さんとは、それまでに会って話していて、何か分からないけど、何かが手に入るかもという確信が持てていたという事になりますね。



何かが手に入ると思える。それだけでも大きいんじゃないですかね。

お読み頂きありがとうございます

山根との対話は、きっとあなたの中のリソース(資源・財産)に気づく時間になります


私の仕事は、忙しいと思われがちですが、まだまだ時間は空いています。

私は多くの方の人生が向上する事を願っています。

興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いたプロ

山根浩二

現状変革を支援するプロ

山根浩二(サポートコーチ出雲)

Share

関連するコラム

山根浩二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-4653-1239

 

マイベストプロを見たと最初に、お伝えください。

電話が話し中の場合、着信が記録されないようです。申し訳ありませんが、返信が無い場合は後日改めて、お電話頂きますように、お願いします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山根浩二

サポートコーチ出雲

担当山根浩二(やまねこうじ)

地図・アクセス