まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
中島孝

住宅ローン滞納・競売の悩みを解決に導く不動産仲介者

中島孝(なかじまたかし)

ハウスパートナー株式会社

お電話での
お問い合わせ
0120-720-535

コラム

任意売却を諦めてしまった、その理由は間違いです

任意売却についての疑問

2016年8月29日 / 2018年8月10日更新

最終的に競売処分としてしまった方に、『なぜ、任意売却をしなかったのか?』 と理由を尋ねると、ほとんどの方が間違った認識や理由により、競売処分としてしまっている事実があります。
そして、本当は任意売却で解決できた事実を知ると、ほとんどの方が後悔しているのです。

メリットの多い任意売却を活用しないで、競売処分してしまうことは、任意売却を専門に取り扱う当社からすると『 大変、もったいない行為 』なのです。

自己破産を相談・申請している弁護士・司法書士が勧めなかったから・・・

自己破産の申請中や免責後でも、何の問題もなく任意売却することは可能です

依頼者にとって、今後の生活の事を考慮すれば、任意売却をすすめないことが理解できません。任意売却を勧めない弁護士・司法書士には、大変驚きを感じてしまいます。このような弁護士・司法書士は、依頼者の味方ではないようです。
【弁護士・司法書士が任意売却を勧めない理由とは】 
・自己破産の申立て書類が増えるので、手続きが面倒になる
・任意売却により、自己破産ができなければ売り上げが減る
・不動産の売買は、業務外だから
・任意売却について、理解していないから

転居済で、空家となっているから・・・

債権者に届出せずに、転居しても任意売却は可能です

債権者との交渉や残置物の処分や面倒な室内の清掃・案内の立ち合いなどは、お任せ下さい。
空室であれば、有利な販売活動ができますの、高値での売却が可能となります。

不動産会社に支払う費用が準備できないから・・・

依頼者が任意売却に必要な費用(現金)を準備する必要はありません。自己負担0円です。

任意売却では、売却に必要な経費が配分される仕組みとなっています。例えば、不動産を1000万円で売却しても、債権者は1000万円全額を回収しません。売却に必要な経費(・不動産仲介手数料・抵当権抹消費用・引越費用・など)が債権者から、依頼者へ支払われるのです。

固定資産税などの滞納(差押)やマンション管理費の滞納があるか

固定資産税や住民税・マンション管理費などの滞納や差押登記設定がされていても、任意売却は可能です。

固定資産税や住民税・マンション管理費などの滞納金は、売却代金の中から、一部返済金として配分されます。この一部を返済に充当することで、差押登記を解除することが可能となります。
また、税金は自己破産しても免責(支払いが免除されること)されることはありません。よって、任意売却を活用して、少しでも減額することが有効な方法となります。

【ハウスパートナー株式会社のお約束】

ハウスパートナー株式会社では、万一任意売却に失敗しても、一切の費用請求はしません!

競売処分となれば、強制的に退去を命じれます。もちろん、引越費用などの金銭的な保証は一切ありません。
仮に任意売却に失敗しても、費用負担がないのなら、是非、任意売却を活用して下さい。
全力で、応援します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
お問い合わせはこちら

埼玉県内の地域限定 任意売却専門の不動産会社
ハウスパートナー株式会社
相談専用ダイヤル 0120-720-535
(土・日・祝日も営業中)

詳細は、ホームページをご参照下さい!
http://www.house-partner.jp

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。
お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。
ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

お客様からの声一覧

この記事を書いたプロ

中島孝

中島孝(なかじまたかし)

中島孝プロのその他のコンテンツ

Share

中島孝プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-720-535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中島孝

ハウスパートナー株式会社

担当中島孝(なかじまたかし)

地図・アクセス

中島孝のソーシャルメディア

twitter
twitter
2018-08-14
facebook
facebook

中島孝プロのその他のコンテンツ