まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
中島孝

住宅ローン滞納・競売の悩みを解決に導く不動産仲介者

中島孝(なかじまたかし)

ハウスパートナー株式会社

お電話での
お問い合わせ
0120-720-535

コラム

任意売却の失敗原因 約2/3以上が不動会社の責任だった

任意売却についての疑問

2016年9月6日 / 2018年9月15日更新

任意売却の失敗 約2/3以上が不動会社の責任

【なぜ、任意売却に失敗してしまったのか・・・】
相談者の方に、いろいろとお話をお聞きすると、驚くことに、約2/3以上の方が、依頼者した不動産会社に
重大なミス・責任であることがわかりました。

そのミスは、任意売却を専門としている当社からすると、信じられない内容です。

失敗の原因・・・正式な手続きをしていない

任意売却を開始する前には、債権者の許可を得なければなりません。
許可を得るためには、申出書・査定報告書・販売計画書など、指定された書類の提出が義務化
されています。


これらの指定されている書類を提出していないのです。

また、査定報告書などは、周辺取引事例や過去の競売履歴など詳細な内容が求められます。

内容に不備や不足があれば、任意売却は却下されてしまいます。これらの書類作成にも、
任意売却専門のノウハウが必要とされるのです。  *債権者による提出が必要とされる書類等は異なります

失敗の原因・・・勝手に販売価格を設定している

任意売却では、販売価格を債権者が決定します。

もちろん、値下げなどをする場合でも、債権者の許可が必要となります。
しかし、不動産会社が勝手に販売価格を設定したり、値下げをしたりと債権者の意向を無視すれば
決して購入希望者がいたとしても、任意売却は認められません。

失敗の原因・・・債権者に必要書類を提出していない

裁判所の執行官による現地調査が終了すると、その調査報告書(評価書・現況調査報告書)を
裁判所から取得して債権者への提出が求められます。

この調査報告書は、本人又は弁護士しか取得することができない大変重要なものです。


評価書には、不動産の評価価格と入札基準価格が記載されています。

この価格がいち早く知ることができれば、債権者は、競売の落札価格が予想できるので、
債権者との交渉が有利にすすめることが可能となるのです。

もし、「評価書・現況調査報告書を裁判所にて取得していない・・・」
という方は、その不動産会社は、任意売却について熟知していなようです。

そして、決して任意売却が認められることはありません。

残念ながら、今までの販売活動は、すべて無駄となります。


これらの不動産会社は、恐ろしいことに、任意売却に失敗した原因が、無知による重大なミスである
ことに気付いていない要です。

仮に手続きミスと気が付いても、依頼者に自社に原因があったことは説明しないでしょう。

もちろん、依頼者はそのミスを知る由もありません。これがあまりにも酷い現実です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
お問い合わせはこちら

埼玉県内の地域限定 任意売却専門の不動産会社
ハウスパートナー株式会社
相談専用ダイヤル 0120-720-535
(土・日・祝日も営業中)

詳細は、ホームページをご参照下さい!
http://www.house-partner.jp

埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却の専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。
お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。
ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

会社ロゴマーク

お客様からの声一覧

この記事を書いたプロ

中島孝

中島孝(なかじまたかし)

中島孝プロのその他のコンテンツ

Share

中島孝プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-720-535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中島孝

ハウスパートナー株式会社

担当中島孝(なかじまたかし)

地図・アクセス

中島孝のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-21
facebook
Facebook

中島孝のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-21
facebook
Facebook

中島孝プロのその他のコンテンツ