まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

コラム

「ギャルリー・サン・チュベール」(ベルギー:ブリュッセル)

名建築/迷建築

2014年3月5日 / 2018年8月27日更新

 ブリュッセル(ベルギー)にある「ギャルリー・サン・チュベール」(Galeries Royales Saint-Hubert)は、ヨーロッパで最も古い「アーケード」といわれています。
 ここは、街の中心である大広場「グラン・プラス」の近くにあり、通りを歩いているだけでとても楽しめるスポットです。
 「鉄」と「ガラス」の美しい「アーケード」は、1846年から1847年にかけて建造された「アールヌーヴォー様式」で、「J.P.クリュイズナール」が設計したものです。
 アーケード内は「女王」「王」「王子」という名前が付けられた3つの通りがあり、その通り沿いにはきれいな店舗が並び、ウィンドウショッピングにはもってこいのロケーションです。
 今年の元旦、この「アーケード」の中にあるレストラン「タベルヌ・デュ・パサージュ」に偶然入り、内容不明なまま注文した名物料理「鶏肉が入ったクリームシチュー」に感激!!











タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

高塚哲治

高塚哲治(たかつかてつじ)

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share

高塚哲治のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-02-06
twitter
Twitter
2018-08-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+