まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

取締役の「忠実義務」と「善管注意義務」

法令用語

2017年10月22日

1 忠実義務
 会社法355条は、「取締役は、法令及び定款並びに株主総会の決議を遵守し、株式会社のため忠実にその職務を行わなければならない。」という義務を定めています。これは「取締役の忠実義務」といわれますが、忠実義務はアメリカ法から来た概念で、具体的には、利益相反行為の禁止と競業避止義務(同356条)等をいう概念(言葉)です。

2 善管注意義務
 会社法上、取締役は民法の委任に関する規定が適用され(会社法330条)ますが、民法644条は、委任を受けた者は「善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負う」と定められており、これは「善管注意義務」といわれます。
善管注意義務はドイツ法から来た概念であり、アメリカ法から来た忠実義務とは、淵源が異なります。

3 収斂
 以前は、忠実義務と善管中義務はどう違うのかにつき、議論がありましたが、現在は、忠実義務は善管中義務の一内容と捉えることができるので、取締役の義務は善管注意義務に収斂されると考えられており、これは判例になっている、というのが、広島大学で長年会社法の教授をしてきた後藤紀一弁護士の言です。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ