まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

女性経営者 広岡浅子

事業の承継

2016年6月30日 / 2016年7月1日更新

 時は幕末。三井家で生まれた広岡浅子は,17歳で,豪商の一つ両替商の加島家に嫁入りします。それまで実家では,女に教育は不要という思想の下,十分な教育は受けていません。加島家へ嫁いでみて,事業の経営は,番頭,手代任せにし,主人は経営に関与していない現実を知ります。これに疑問をもった浅子は,簿記,算術などを独学するようになります。
 時代はまさに動乱。莫大な藩札を抱える両替商は,幕藩体制が崩壊すれば,藩札が紙くず同然になり破綻する,という噂が飛び交う中,取り付け騒ぎが起こります。破産する両替商も出ましたが,浅子は,陣頭指揮で,取り付けに応じます。しかし,破綻寸前にまで追いやられるのです。
 このとき,九州の炭鉱が売りが出たことを知り,買い受けます。代金の一部は,実家の三井の援助などもありましたが,一部は売主を説得しての後払い。そして,夫の反対を押し切って,懐に五代友厚からもらった拳銃を忍ばせ,九州の炭鉱へ乗り込みます。この時の浅子は芳紀まさに20歳です。
その後,炭鉱で火災事故が起きます。火を消すためには炭鉱に多量の水を入れねばなりません。被災者の家族を説得し,生きている者がいても確実な死を招く放水を,被災者家族の悲泣哀号の嵐の中,始めます。
並の男ではできない仕事をこなしていくのです。

 明治維新は貨幣制度を統一しました。これにより両替商の時代は終わります。
 浅子は,一念発起,銀行の設立に動きます。加島銀行です。やがて,生命保険の必要性を痛感,大同生命創業に参画していきます。
 このあたりの広岡浅子の姿には,淵に潜み,苦難に耐えた竜が,時至って,雲を呼び,天に飛翔する姿と重なります。

人は人を呼ぶ。
 浅子は,やがて,成瀬仁蔵という人物を知ります。広瀬は会いたくて会った人物ではありません。薦める人がいて断り切れず会った人物ですが,この出会いが,浅子の運命を,更に,一段と,前へ進ませます。浅子は,成瀬の著書である『女子教育』を読んで,蒙を啓かせられるのです。これがやがて日本女子大学校の創設につながるのです。

 人と人のつながりは,続きます。次は,宮川経輝牧師と知り合うのです。これにより浅子は洗礼を受け,世界がまた一段と広がります。
 晩年は,私塾といってもよい勉強会を開きます。この中には,若き日の市川房枝や村岡花子(赤毛のアンの翻訳者)らもいました。
 浅子は,亡くなる寸前まで,執筆と講演をを続けます。テーマは,女子教育とキリストの愛です。
 
 大阪女の土性骨を顕した大器,大才。否,日本の女性実業家の大物。
 これは私の讃辞です。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ