まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

民法雑学  コピー1枚500円は違法

民法雑学

2013年11月9日

Q
 私は交通事故に遭い、加害者に対し損害賠償請求訴訟を起こしている者ですが、必要があって、私が治療を受けた病院に、カルテの写しを交付するよう請求したところ、病院から、コピー1枚につき500円の請求を受けました。こんなことは許されるのですか?

A
 許されません。
あなたが、病院にカルテのコピーを請求する根拠は、個人情報保護法25条1項による、病院の「保有個人データの開示請求」になりますので、手数料を支払うとしても、その費用は、同法30条2項により「実費を勘案して合理的であると認められる範囲内」のものでなければなりません。病院に対するカルテの写しの交付請求は、患者本人の権利ですが、病院が、患者の権利の行使に対し、実費を超える手数料を負担させることは、権利の行使に対する制約でしかなく、許されないのです。そこで、法律は、前述のように、手数料は、実費を勘案して合理的であると認められる範囲内に抑えるよう、個人情報取扱事業者に命じているのです。

参照:個人情報の保護に関する法律
(保有個人データの開示)
第25条1項本文
個人情報取扱事業者は、本人から、当該本人が識別される保有個人データの開示を求められたときは、本人に対し、政令で定める方法により、遅滞なく、当該保有個人データを開示しなければならない。
(手数料)
第30条 
個人情報取扱事業者は、・・・第25条第1項の規定による開示を求められたときは、当該措置の実施に関し、手数料を徴収することができる。
2 個人情報取扱事業者は、前項の規定により手数料を徴収する場合は、実費を勘案して合理的であると認められる範囲内において、その手数料の額を定めなければならない。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ