まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

相続相談 22 遺産である不動産を無償で使ってきた相続人の問題

相続相談

2012年8月2日 / 2012年8月15日更新

Q 先日、父が亡くなりました。相続人は、私と兄の2人です。
私は、それまで父と同居していたのですが、父が亡くなると、すぐ兄から、父の自宅を退去するように言ってきました。また、これまでの家賃も支払えと言われました。
そうしなければなりませんか?

A いいえ。遺産分割によって自宅の取得者が決まるまでは、自宅から退去する必要はありません。また、その間、賃料を支払う必要もありません。

最判平8.12.17は、あなたのような相続人は、被相続人から、建物を無償で使用することを許諾されていたもの、すなわち、使用借権が与えられていた者と考え、そのような相続人は、少なくとも遺産分割の時までは、無償で建物に居住できると判示し、他の相続人から、賃料相当の損害額の支払を請求されても、支払う義務はないと、判示しています。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ