まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

交通事故 33 慰謝料⑥ 既存障害のある被害者の場合

交通事故

2012年6月15日 / 2012年8月15日更新

1 既存障害
事故の2年4ヶ月前に左間接置換術で8級7号の既往症を有していた主婦が、事故によって12級12号に該当する左膝疼痛の後遺症を負ったケースで、事故当時、既往症は手術によって、左膝の疼痛の苦しみからは解放されていたのに、事故により再び左膝の疼痛に苦しめられるようになったことで、後遺症慰謝料として300万円が認められた裁判例(東京地判平14.12.12)などがある。

2 別件事故
別件事故で5級2号の高次脳機能障害になった25歳の男性が、その後の事故で同じ5級2号の高次脳機能障害になったケースで、自賠責保険は、加重障害にならないため、後遺障害は非該当になったが、大阪地判平21.3.24は、500万円の慰謝料を認めた。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロのその他のコンテンツ