まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

相続 129 遺言文例 子の認知

2011年2月18日


1 遺言文例」
遺言者は,〈本籍〉・○○○○(生年月日)を認知する。

2 認知制度
民法779条は「嫡出でない子は、その父又は母がこれを認知することができる。」と規定しています。嫡出でない子とは、法律上の夫婦でない男女の間に生まれた子のことで、「非嫡出子」と言われます。
⑴ 誰が認知をするのか?
民法779条は、父又は母が認知をすると書いていますが、母の認知は原則として必要ありません。最高裁昭和37.4.27判決は、母と非嫡出子の関係は、原則として母の認知をまたず、分娩の事実だけで当然に発生する、と判示しています。
ですから、認知をする者とは“父”だけになります。
⑵ 認知能力
民法780条は「認知をするには、父又は母が未成年者又は成年被後見人であるときであっても、その法定代理人の同意を要しない。」と規定していますので、“父”であれば、いつでも認知が出来ます。
⑶ 認知の方式
民法781条1項は「認知は、戸籍法の定めるところにより届け出ることによってする。」と定め、2項で「認知は、遺言によっても、することができる。」と定めていますので、遺言で認知をすることも可能です。
⑷ 成年の子の認知には本人の同意が要る。
民法782条に「成年の子は、その承諾がなければ、これを認知することができない。」と定めているからです。
⑸ 胎児を認知する場合は、母の同意が要る。
民法783条1項で「父は、胎内に在る子でも、認知することができる。この場合においては、母の承諾を得なければならない。」と定めているのです。
⑹ 死亡した子の認知は、代襲相続人がいるときに限り、認知ができる。
民法783条2項は、「父又は母は、死亡した子でも、その直系卑属があるときに限り、認知することができる。この場合において、その直系卑属が成年者であるときは、その承諾を得なければならない。」と定め、①死亡した子は原則として認知できないこと、②代襲相続人がいる場合は、認知が出来ること、③その場合でも、代襲相続人が成年者である場合は、⑷の原則どおり本人の同意が要ることとしているのです。

3 認知は子からも請求できる
民法787条は「子、その直系卑属又はこれらの者の法定代理人は、認知の訴えを提起することができる。ただし、父又は母の死亡の日から3年を経過したときは、この限りでない。」と定めているとおりです。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ