まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

相続 97 譲渡された相続分の取戻権

2011年1月12日


1 意義
共同相続人がいて、その中の一部の人が第三者に相続分を譲渡しますと、相続人という特定の範囲の人的関係者群の中に、そうでない者が入ってきて、被相続人の財産について分割を求めることができることになりますが、これは決して望ましいものではありません。そこで、民法905条1項は「共同相続人の一人が遺産の分割前にその相続分を第三者に譲り渡したときは、他の共同相続人は、その価額及び費用を償還して、その相続分を譲り受けることができる。」ことにしたのです。ただし2項で「前項の権利は、1箇月以内に行使しなければならない。」ことになっています。

2 相続人が他の共同相続人に、相続分を譲渡した場合は、取戻権はない
相続分の取戻権は、共同相続人の中に第三者が入ることを阻止するための制度ですから、相続分が他の相続人に譲渡される場合は、これを阻止する必要はありません。したがって、この場合は、相続分の取り戻しは認められません。民法905条1項も「第三者に譲り渡したとき」と譲受人を限定しているのです。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ