まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
杉山善昭

住宅ローン返済困難者を救う不動産コンサルタント

杉山善昭(すぎやまよしあき)

有限会社ライフステージ

コラム

競売入札妨害の罪

競売手続き

2013年3月22日

今日は朝日新聞の記事からです。

一言で言うと、競売手続きを妨害して有罪になったという話です。
どんな妨害をしたのか?
簡単に解説してみますね。

競売手続きに入ると、裁判所から「執行官」という人間がやってきます。
執行官は不動産の利用状況や建物の状態について、質問をしてきます。

このケースでは、実際には賃貸などしていないのに執行官に
「この不動産は賃貸中」ですと虚偽の申請をしたのです。

では、何故賃貸中と言ったのか?

もちろん、メリットがあったからです。

賃貸している不動産には入居者がいますので、落札した人は自分で使うことはできません。
これで、「自ら利用したい」という購入希望者を排除することが出来ます。

ここまで、よろしいでしょうか?

そして、次は賃貸条件です。
この事例も同じかどうか分かりませんが、賃貸条件を著しく悪くすること
つまり、相場の半分の家賃設定にするということも、当事者当時がグルなら
出来てしまいます。

これにより、投資家の購入希望者も排除することが出来ることになりますよね。

こうしていく内に買い手がいなくなれば・・・

タダでその不動産を使うことが出来ることになりますね。

これが「競売を妨害する行為」です。
刑法96条の3には、
1.偽計又は威力を用いて、公の競売又は入札の公正を害すべき行為をした者は、2年以下の懲役又は250万  円以下の罰金に処する。
2.公正な価格を害し又は不正な利益を得る目的で、談合した者も、前項と同様とする。
としっかり書いてあります。

この事例では架空の賃貸契約が使われました。

あなたの元に
・数百万円残してあげる
・競売を遅らせてあげる
といった、にわかに信じがたいウマイ話は来ていませんか?

ウチは大丈夫なのか無料相談してみる
最新コラムはこちらでご覧いただけます

この記事を書いたプロ

杉山善昭

杉山善昭(すぎやまよしあき)

杉山善昭プロのその他のコンテンツ

Share

杉山善昭プロのその他のコンテンツ