まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
自念真千子

婚活、就職、転職などのキャリアサポートのプロ

自念真千子(じねんまちこ)

M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター

コラム

恋愛スタートや仮交際スタートの最初の1か月に、温度差を感じることがありませんか?

恋愛のスタートには、必ず男女で温度差がある


婚活でも、ネット婚活でも出会いがあり、まずは恋愛はスタートします。
このスタート時期に大きく違うのが、実は温度差

お相手にたいする思いの高低が、男女で大きく違います。
女性の場合、
この時に恋愛と意識する人は少なくて、まだどうなるかわからないけど、いい感じかなって思って付き合います。
男性の場合は、違います。
この人と交際してみよう、あるいは、付き合いたい!!そう思ってスタートします。

ここに少し温度差があるのはお分かりでしょうか。


トータルマリアージュ資料 一部抜粋


この表にもしめされているように
男女の恋愛はどうも最初から温度差があってスタートするのが普通のようです。
これは、好き度は違うとかではなく、
想いの強さかもしれませんね。

一目ぼれって男性に多いのです。
そして、アプローチをして女性に振り向いてもらう。

これは恋愛の常套句。

このアプローチをする力の源が、【気に入った】【交際したい】そんな想いです。

温度差をわかっていないと婚活では失敗する


これは婚活も同じです、最初の1か月間が、仮交際中の二人にとっては実はとても大切。

男性は、基本的に自分の興味のある人、タイプの人と出会います。
俗に男性は、第一印象で決めると言われますが、まさにその通りです。

でも女性が、第一印象だけで交際までを決めることはほぼありません。
もっと慎重。おそらく子供を産み育てる役割りがあるので、
もともともっている母性のようなものが恋愛を臆病にさせるとも言えます。

女性が、この時、いろんな人と出会ってしまうと、
どの人に焦点をあてて交際していこうか定まらないので、注意が必要です。
Aさんの性格とBさんのビジュアル、そしてCさんのように気遣いができる人がいいな・・・・
こんな漫画みたいなことを実際に人間て思ってしまうのです。




男性は交際1か月の間にできること、
気に入っているならその気持ちを、彼女の負担にならないように伝えることです。
いろんな人を見ていく中で
「自分のことを一途に思ってくれる人がいる」
それを感じてくると同時に、女性の気持ちは、上に向いてくるものです。

自分の思いが通じないと感じたら、それがご縁がないということ

アプローチをしても、ぬかに釘のような女性も中にはいます。
ただ、鈍いだけなら時間がかかるかもしれませんが、
いつまでも値踏みをされている感じでは、こちらの神経も参ってしまいます。
ご縁のない人とは自然と縁が切れます。

脈がないなって感じたら、それはご縁がないということ

次の人を探すチャンスがやってきた
そう考えて、別の道を歩み始めましょう。

そう考えると
交際1か月は、恋愛において特に婚活中においてはとても大事な時期になる訳です。



シャイな男性でも婚活で結婚ができる



婚活で上手くいかない男性は優しさの意味をはき違えている

この記事を書いたプロ

自念真千子

自念真千子(じねんまちこ)

自念真千子プロのその他のコンテンツ

Share

自念真千子のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-10-07
rss
コラム
2018-10-15
google-plus
Google+
facebook
Facebook

自念真千子プロのその他のコンテンツ