まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
自念真千子

婚活、就職、転職などのキャリアサポートのプロ

自念真千子(じねんまちこ)

M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター

自念真千子プロのコラム一覧:理想の女性と結婚する

 新米夫婦は、汗をかき、喧嘩をしながら本当の夫婦になっていく 結婚された元会員(成婚会員)さんより突然のお電話を頂き、近況を報告してくれました。去年は、結婚式~出産~子育てと目まぐるしい時間経過だったようです(*^-^*)やっと、夜泣きがおさまってきたころとか。今がとて...

【男性が結婚相談所で活動するときに押さえておきたいポイント】結婚しようと婚活を始めると、どうなるか・・・・結婚相談所に入会すると〇申込書の記入〇写真撮影〇お相手希望〇今まで婚活についてなどの面談</span></strong>そんなこんなで、十分に疲れてしまう出来事が続きま...

 独身者の9割は、いつか結婚をと考えている 「結婚をいずれするつもり」と答える独身者は、全体の9割と言われています。        結婚する意思をもつ未婚者は9割弱で推移 国立社会保証 人口問題研究所調べしかしながら、実際にどこで結婚相手とどこで出会うか?となると...

どんなタイプが自分に合うのかわからないこう語る男性の方は少なくないです。 自分の意見をはっきり伝えられるタイプの女性についてどう感じま 意外に思われるかもしれませんが、自分の意見をはっきり伝えられるタイプの女性は、実は相手の親を大切にしてくれるタイプでもあります。...

厚生労働省国立社会保障・人口問題研究所が人口統計資料を更新しました。2015年(平成27年) 生涯未婚率(50歳時の未婚割合)です。男性23.37%、女性14.06% 2010年と比べると男女ともに3ポイント以上の増加で、結婚離れが急速に進んでいる事が顕著に表れています。ただ、同時に2...

最近の男女交際は、ワリカンで交際をするのが、通常のよう。そう、財布は別々ってことです。ただ、婚活の場では、一律で不評だと思っていませんか?それは誤解かもしれません。それ自体を嫌っているわけではないそれを、20代30代の女性がそれ自体を嫌っている訳ではありません。...

3回目のデートをを越えると結婚へとつながら率がすごく高くなるのを、ごぞんじでしょうか?最近は、お見合いをして交際へと入る率はすごく高くなっています。おそらく2桁くらいには、なってきているのではないでしょうか。ちなみに、マリッジマネジメントセンターでも30%越えです。...

先日引退をされた堀北真希さんが山本耕史さんと結婚したときから、言われ始めいる「いきなり婚」恋愛期間ゼロ結婚とも言われました。できれば、いろんなプロセスを省きたいというあらわれなのでしょうか? とにかくすぐに結婚へ!という前向きな気持ちがあらわれているのかもしれませ...

再婚で資格職の彼女がうちの登録にきてくれたのは、今から1年半程度前の夏の始まり。子供さんを育てあげ、資格職をもつ彼女は、今度こそ、自分の幸せのために結婚をしたい!!そう言って、登録にきてくれました。仕事のキャリアもそれなりにある彼女に「どんな人が希望ですか?」...

【交際をスタートした時に、あなたはお相手のどこを意識してチェックしていますか?】ほとんどの男性は、その女性と一緒にいる時の居心地だったり、話が合うかどうか・・・・・そこに集中しています。それを実証するデーターがあります。株式会社パートナーエージェントが、婚活経験...

逃げ恥ドラマから見えてきた現代の女性の結婚相手への希望は、「仕事ができて、頭がいい男性が好きです。新聞ぐらいはちゃんと読んでほしい。原油高の話をしたぐらいで、『頭いいね~』なんて言われたら幻滅しちゃいます。でも、上から目線の男性は絶対に嫌です。何でも気兼ねなく話し合える...

ある女性が結婚を考えて婚活を始めました。婚活といってもいろいろです。1、ネット婚活と言われる昔の出会い系にちかいもの2、パーティーなどイベント参加3、大手情報サービス系での情報紹介型4、昔ながらの具体的なお相手紹介をメインに行う結婚相談所本当に大きくさっくりと...

交際をスタートさせて、男性は、ちょっと気にいった人とデート♪っと結構、楽しい時間ですが、女性は、初デートほど、気疲れするものはありません。実は、この気疲れ、男性とは違うところに「気疲れ」しているのです。結婚を意識すればするほど、女性が気を使うところそれは、自分との感...

日本は、今から半世紀前の1960年代は、お見合結婚をするカップルがほぼ半数、二人に1人はお見合でした。1970年代で3人に1人はお見合結婚をしていましたし、知人、友人の紹介で結婚した人を含むと常に、日本人は、紹介を通じて結婚してきた民族とないrます。〇赤色の箇所はお見合結婚...

2015年10月に「一億総活躍社会」の実現を目的とする「強い経済」「夢をつむぐ子育て支援」「安心がつながる社会保障」の「新三本の矢」が発表されました。2016年からこの政策が本格的に動き始め、女性が活躍し、社会へ進出することの後押しをする体制が整ってきたようにも感じます。しかしそ...

自念真千子プロのその他のコンテンツ

Share

自念真千子プロのその他のコンテンツ