まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
自念真千子

婚活、就職、転職などのキャリアサポートのプロ

自念真千子(じねんまちこ)

M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター

自念真千子プロのコラム一覧:結婚相談 20代 30代 適齢期と仕事

今、婚活人口がこんなに多くなっている男女の事情を裏付けるデーターがあります。<img src="http://img01.ko-co.jp/usr/m/m/c/mmc/%E7%84%A1%E9%A1%8C_1.jpg" alt="" title="" >出会いの場がない・・・きっかけがない・・・・今と昔、状況としては、女性のほとんどが一度は社会にで...

成婚して結婚していた会員の近況を聞くことは、私にはとても幸せなことです。〇最近、仕事を初めて面白くなり、資格も取ってますますやりがいを感じてきました。〇二人目子どもができて、家を引っ越しました。家族が増えるっていいですね。主人と出会った時は、この人が私の「赤い糸?本当...

マリッジマネジメントセンターでお見合をして、交際に入る確率8月度は30.3%でした。新規入会の方の交際している確率は、84.6%新規会員の方の出会いの確立は90%を超えています。そして、この季節、結婚へのと進むカップルが5組いて、ばたばたする毎日です。お見合⇒交際⇒成婚⇒寿退...

成婚会員からのお便り・・・婚活がうまくいかず、ふつふつしつつ、このお見合を最後に仕事に生きようかと。。。ふつふつしつつ、お見合いをしました。出会った瞬間、?何か今までとは違うなって感じつつの「OK}お返事。彼から良い返事が来てからは、あっという間に意気投合し、結婚を...

ミクシィグループのDiverse(ダイバース)は、同社が運営する結婚支援サービス「youbride(ユーブライド)」の20歳代―60歳代の男女会員541人を対象に実施した婚活に関する意識調査</a>の結果を発表した。 結婚相手に望むもの、1位「人柄」、意外な2位・・・婚活相手に求めるものは、「人柄...

お見合で交際に入って、いつくらいから結婚のお話をすればよいですか・・・・という相談が男性の方からあります。お見合ですから、結婚を前提としてお付き合いをしているといえばそうですが、女性心はそこが微妙です。早くから結婚の話を始めると、まだ、そんな気持ちになれない・・・...

会員の方が入会されて、まず伺うのがお相手の希望条件です。最近の婚活事情は、システムを使っての検索ツールを使用することができるので、そのための条件ですが、実は本当に必要なのは、あなた自身の結婚イメージです。希望条件と並べ、検索をしても出てくる方はほぼ一緒になります。...

「キャリア」というと、「生き方」「人生」「生きること」と捉えるようになっています。少し前まで、「キャリア」とは「履歴書にかく経歴」であったり、キャリア官僚なんて言葉がありますドナルド・スーパーという心理学者がライフレインボーという概念を提唱しました。私たちは、年齢を...

内閣府経済社会総合研究所から出生動向基本調査と「未婚男女の結婚と仕事に関する意識調査」の分析というものが発表された。内閣府  少子化と未婚女性の生活環境に関する分析その中には、興味深いものが数々数値化されて、納得するものが多い。実際に現場で、結婚支援をしている時に、感覚...

なかなか婚活がスムーズに進まないことがあります・・・・私の中でも「なんとか・・」と焦り、それが会員の方を傷つけてしますこともあります。最近は、出会って何かやりとりをすることが少ない日常です。メールなど電子媒体を通じて繋がる感じですので、ちょっとした行き違いが、...

「結婚後、結婚相手が働くことを応援しますか?」という質問に対して、96.1%の男性が「はい」と回答し、多くの男性が働く女性を応援しているということがわかりました。・結婚後、結婚相手が働くか「マッチアラーム」調べ 年齢別にみても、大差さなく、「応援する」という意見が多...

<資格とキャリアプラン> 「翻訳検定に合格して、在宅で翻訳の仕事を開始したい」(27歳) 「保育士試験に挑戦して資格取得をするのが目標! 現在初めての育児休業中で、空いた時間は我が子の育児のために学ぶこともかねて勉強しています。試験は3年間教科合格が持ち越しできるので、現職を...

「会いたいなって思わないと僕、無理ですよ」「会ってみないとわからないのは、よくわかってますが、気が進まなくて」よく会員の方から言われます。男性の方は特に、申し訳なさそうに・・・「せっかく言ってもらっているんですが・・・・」と枕詞があったりして。こうなってくると...

ブライダルジュエリー専門店の銀座ダイヤモンドシライシが、8月20日、同店が実施した『結婚に関する意識調査』の結果を発表しました。既婚男女に聞く、「運命の相手との出会いのきっかけ」は?! 意外と身近なところに運命の出会いがあるようで、“出会いの場所”ダントツ1位は職場!「現...

現代のお見合い事情は、以前のものとはかなり違います。 たとえば一昔前だったら、結婚相談所「A」という事務所に「そこに所属する会員同士を紹介する」のがお見合いのイメージです。または、Aが知っているBという人に問合せて、家族背景や当人たちの学歴を合せながら、男女を紹介しあうとか...

自念真千子プロのその他のコンテンツ

Share

自念真千子プロのその他のコンテンツ