まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
衞藤憲太郎

時計修理、修復とビフォーケアのプロ

衞藤憲太郎(えとうけんたろう)

株式会社ハナブサ

衞藤憲太郎プロのコラム一覧

 お医者様に「風邪薬をください」と同じです 弊社では十数年前から電池交換の際は電池の残量チェック、消費電流を計り、磁気帯びチェックをし問題がなければ電池交換をしているのですが機械診断を始めた当初はお客様から「そんな事は調べなくて良いから早くしてくれ」「今まで他ではそ...

 修理料金体系が2重価格のブランドかどうか確認すること 平行輸入の時計が増えてきている中、正規店を守る為にメーカーもいろいろな策を講じています。その一つが修理料金体型が2重価格のブランドです。正規店の保証書を持っている、あるいはシリアル番号がメーカーに登録してあるので...

自分自身も選ばれる立場にあるがゆえに ともすれば禁断のテーマですが(笑)時計の種類と状態によってお答えは異なってきますが、敢えて一般論を申し上げると下記のようになります 防水性を追求するのならばメーカーのサービスセンターへ・・・ですが 防水性の高い時計が増えてきて...

 エレベーターに乗ると時計が遅れる事があります 今回の見出し、????と思われる方が殆どではないでしょうか?確かに最近のエレベーターには時計に悪影響を与えるものがある場合があります。ここで、ヒントです。「昔のエレベーターにはありませんでした。」・・・実は エレベ...

時計の裏蓋の写真をネットに載せる時、シリアルナンバーが全部映らないようにカット編集しているのですが今回だけは例外です。(替りに赤丸でシリアルナンバーを隠しています) 折り目正しい日本人としては・・・ 封筒の切手が斜めに貼ってあったりすると 雑に感じたり、キレイに包装され...

 カルティエ・ヴェルメイユはシルバーに金メッキを施した商品です カルティエ・ヴェルメイユの変色によるメンテナンス依頼は全国からご依頼があり、要望の高いメンテナンスのひとつです。素材がシルバーなので長期間ご使用にならず大事に保管(放置)されるとシルバー素材の特徴である変色が...

時計のメンテナンスはお買い求め店に持ち込まれれば殆どの場合受付てくれるはずです。ところが、ネットで中古の時計を購入されたり、海外で購入された場合、さてどこに持っていけばよいのかと迷われる方が多いようです。 町の時計屋さんでブランド品の時計でメンテナンス可能なものは ...

「アンティーク」という定義は通常100年以上昔の道具などを指す場合に用います。ところが、腕時計は20世紀に入ってから発展してきたものですので、本来は「アンティーク」という言葉で表現するのはおかしいのですが、「古時計」と呼ぶのは抵抗があるので、40年~50年前の時計を「アンティークウォッ...

 日本独自、不定時法による時間の管理 時間の表し方で 明治時代初期まで日本で使われていたのが「不定時法」です時代劇や何かで「草木も眠る丑三つ時~~~」とか「明け六つに落ちあいましょう・・・」というあれです。現在は、時計が存在する場所では定時法で時をあらわしています。...

 ブランド品の美錠(止め金具)のデザイン性 上の写真は高級時計ジャガールクルトに使用されている美錠です。時計はケースや文字盤のデザインは勿論の事、バンドのデザインも重要になってきます。デザイン性の高い時計になれば 美錠にもデザイナーさんのこだわりが表現されています。...

 想い出のキズはそのままで・・・ 人間の腕は絶えず働いていますので、腕時計の環境は想像以上に過酷な場合があります。壁に擦ってしまって出来たキズとか キズの原因は様々ですが、人生を共に生きる腕時計の場合、そのキズさえ愛おしく感じられることがあるようです。「みんな(お客様...

 当たり前ですが・・時計は機械です ネットの普及により 中古の時計をお買い求めになられるお客様が増えてきています。デザイン性や表面のキズについては 画像などで確認できるので良いのですが、ここで忘れていけないのは「時計は機械である」ということです。中古車を購入するときは...

 時計屋さん不要の金属バンド(スライドタイプ) 時計の金属バンドの長さ調整にいちいち時計屋さんに出向くのは面倒という方の為に通販用に開発された金属バンドがあります止め金具部分がスライドタイプのバンドですまずは 調整方法のご説明です1番目の写真:6時側のスライド部...

 働きモノのアリですが こんな迷惑をかけることが・・・ 桜も満開になり 外に出かけたくなりますね。暖かくなると 虫の動きも活発になってきます。絵本では、働きモノとして好印象のアリですが、時計にとってはあまりありがたくない存在です。掛け・置き・目覚まし時計の中にアリ...

 既製革バンドで対応するとイメージが変わってしまうデザイン デザイン性の高い時計の一部には 上の写真のように本体と革バンドの間に隙間が無くなだらかな曲線を描いているものがあります。既製バンドで交換しようと思えば出来るのが殆どですが、本体とバンドの間に隙間が出来てしまい、時...

衞藤憲太郎プロのその他のコンテンツ

Share