まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
早川弘太

漢方と健康相談のプロ

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

コラム

お肌の大敵!紫外線対策大丈夫ですか?

漢方女性の健康

2011年5月5日

日差しが強くなってくると気になるが「日焼け」ですよね。

「ガングロ」などという言葉は流行したのも今は昔、多くの女性が日焼け対策に余念がないと思います。

では、実際に紫外線に付いて簡単に説明をしてみたいと思います。


紫外線はご存知の通り、太陽光線の一部です。

波長によって

UV-A(長波長)、
UV-B(中波長)

UV-C(短波長)

に分かれます。地上にはUV-AとUV-Bが到着します。

●紫外線による影響●
・UV-A→色素沈着(シミ・そばかす) 皮膚老化(しわ、たるみ、乾燥、肌荒れ)
 主な悪影響・・・深く進入し、肌を老化させます。

・UV-B→日焼け(シミ・そばかす)、炎症
 主な悪影響・・・肌を赤くし、炎症を起こします。

・UV-C→成層圏のオゾン層に吸収され、地表には届かない


肌を守るにはUV-AからUV-Bにかけての広領域にわたる紫外線を防ぐことが必要です。

万が一日焼けをしてしまい、あとの処理に困ったときはわたくしまでお気軽にご相談ください。お肌の状態を改善する漢方薬や、専門的なスキンケアお手伝いもしております。

女性にとってお肌は命。

いつまでもきれいなお肌でいるために、毎日のお手入れもしっかりやっておきましょうね。

この記事を書いたプロ

早川弘太

早川弘太(はやかわこうた)

早川弘太プロのその他のコンテンツ

Share

早川弘太のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-10-18
rss
ブログ
2018-10-18
facebook
Facebook

早川弘太プロのその他のコンテンツ