マイベストプロ山梨
山本栄

右脳に働きかけ、自分の課題に気づかせるカウンセリングのプロ

山本栄(やまもとさかえ) / カウンセラー

メンタルヘルスケアLoop研究所

コラム

生まれる前の子育て

2023年1月24日

テーマ:自分を知る

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

みなさまこんにちは。

聞きなれない言葉かもしれません。
子育ては、生まれる前から始まっていますよ・・・というお話です。
どうして?
沢山のカウンセリングの中で、一貫して成育歴が関係していることが明らかになっています。
お母さんのお腹の中に宿った時からもう、子育てが始まっています。
お母さんの精神状態、体調など、全てが胎児に影響します。

自分に♪ありがとう♪を言うところで、「水からの伝言」「水は全ての情報を記憶する」といった内容をご紹介しました。胎児は、羊水の中にいます。人間の身体の水は約70%と言われています。お母さんの身体の水が胎児への「水からの伝言」になり、胎児の羊水が「水は全ての情報を記憶する」といったように、繋がっていきます。

妊娠をきっかけに様々な胎教に良いと言われている事を、ごく、自然にするのが母性ともいう本能です。
物理的な事は言うまでもありません。そこにプラス、お母さんと赤ちゃん(胎児)とのコミュニケーションです。お母さんの心と身体が健康であるためのカウンセリングです。
お母さん自身が、クリアーな状態が望ましいです。そこに、お父さんも一緒に参加することでお父さん自身の自覚が芽生えてきます。

傷ついた過去の事柄は、忘れているようで何かのきっかけで思い出され、それが、苦しみとなってしまうといったことは、身体の水が記憶されているからです。

腹式呼吸を取り入れながらのカウンセリングは、リラックス効果もあり、自覚していなかった記憶が思い出されてきます。それは、お母さん、お父さん共に事象は違いますが、お互いにクリアーにしなければ心底、らくになれない事に気づきます。夫婦の絆が今まで以上に深まり、赤ちゃん(胎児)と向き合う事が出来ます。

このようになって、赤ちゃん(胎児)とコミュニケーションを計れるようになります。
お母さん、お父さんが無償のあいを授けてあげられるのがこの時期なんです。

♪ありがとう♪あいしているよ♪大丈夫だよ♪と言った言葉がけから始めます。その時、お母さんが感じられる赤ちゃん(胎児)の想いがあります。その想いを感じ取ったお母さんは、赤ちゃん(胎児)にお返しの言葉がけをします。体感値が上がると、お母さんの言った言葉を正確に受け止められるようになります。

たとえば・・・「右手をあげてごらん・・・ありがとう・・・出来たね・・・」と言ったように・・・
あいあし、認めることで赤ちゃん(胎児)に自信がつきます。とっても大事な事です。
居合わせてお父さんも、同じように感じる事が出来る方もいらっしゃいます。

無償のあいを受けて育った子は、立ち直りが早く、何より元気です。それは、大人になってからもそうです。

幼児期の子どもたちに胎内記憶がどれだけのこっているか、産婦人科医の研究、レポートの結果も発表されています。そして、免疫力、自然治癒力がお母さんから伝達されるのです。それが、のちに、生きる元気、勇気になっていくのです。

産後のメンテルヘルスにも効果的で、子育てもらくになります。それは、赤ちゃんの言葉(泣き声)を感じ取れるからです。
                       ありがとうございます。

この記事を書いたプロ

山本栄

右脳に働きかけ、自分の課題に気づかせるカウンセリングのプロ

山本栄(メンタルヘルスケアLoop研究所)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

山本栄プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-8749-8035

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本栄

メンタルヘルスケアLoop研究所

担当山本栄(やまもとさかえ)

地図・アクセス

山本栄プロのコンテンツ