マイベストプロ山形
  1. 家でもできる介護予防・サルコペニア~全身の筋力低下を自宅でチェック
馬場田晃一

介護のいらない体づくり・健康へ導く音楽健康指導のプロ

馬場田晃一(ばばたこういち) / 介護福祉施設の運営

ケアホーム カナン(株式会社カナン)

コラム

家でもできる介護予防・サルコペニア~全身の筋力低下を自宅でチェック

2020年3月30日 公開 / 2020年5月14日更新

テーマ:介護予防 体操 転倒 予防 健康教室

コラムカテゴリ:美容・健康

コラムキーワード: 介護予防 プログラム

音楽健康指導士の馬場田です。いつも閲覧いただきありがとうございます。


皆さんは「サルコペニア」という言葉を耳にされたことはありますか?

サルコペニアは加齢や疾患により筋肉量が減少することで、握力や体幹筋などの全身の筋肉量低下や、筋力低下が起こることをいいます。

今日は、全身の筋力低下の簡単な確認を行ってみましょう。

【サルコぺニアの確認】

※この方法は、専門家監修のもと一般社団法人日本音楽健康協会様の音楽健康指導士養成講座にて実際に指導されているものです。

①まず親指と人差し指で写真のように輪っかを作ってください。


②次にふくらはぎの一番太い部分に輪っかをはめてみます。

※(写真は服の上から行っていますが、実際に計測される際は服を脱いでから行ってください)

ふくらはぎの輪っかは、どうなっていますか?結果は下記よりご覧下さい。

【サルコペニアの可能性】


可能性が低い(すき間がなくつかめない)
中間 (ちょうどつかめる)
可能性が高い(すき間ができる)
               
輪っかをふくらはぎにはめた時に、すき間ができているかたは、サルコペニアの危険度が高いため
転倒や骨折の危険性も高くなります。栄養バランスの良い食事や、トレーニングなどを心がけましょう。

下記の写真のような体操も効果的です。
他にも上の写真の体操も行ってみてください。転倒の恐れがあるかたはご家族と一緒に行ってください。


※体操は専門家監修のもと実際に音楽健康セッションで行っているものです。

こちらのコラムも好評です
1.認知症予防体操の運動設定時間と強度~効率良く健康へ
2.認知症予防体操と運動の違いとは?
3.歌うことで飲み込む力を鍛える
4.認知症機能低下をチェック



                     

                

【介護予防体操について】

◯YouTubeで体操を配信中ですYouTube

◯会社HP・Twitterは下記よりご覧下さい
会社HP
Twitter

この記事を書いたプロ

馬場田晃一

介護のいらない体づくり・健康へ導く音楽健康指導のプロ

馬場田晃一(ケアホーム カナン(株式会社カナン))

Share

関連するコラム