まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
勝山宏則

対応安心度調査2位の葬儀社を統括する葬祭ディレクター

勝山宏則(かつやまひろのり)

大成祭典株式会社

お電話での
お問い合わせ
0120-351-167

コラム

会葬者や弔問に訪れた方に対するお礼状はどうすれば…

マナー

2011年12月6日 / 2014年7月31日更新


◆形式が決まっている会葬礼状


通夜・葬儀・告別式に参列してくれた人へのお礼の意を表したものが

会葬礼状になります。

昔でしたら、葬儀の後、一両日中には必ず会葬御礼の挨拶に伺ったり、

礼状を送るのが一般的だったのですが、現在ではお清めの塩と会葬御礼

としてお酒やお茶などの返礼品を葬儀の後に手渡すのが一般的なようです。

また、会葬礼状は文面が決まっており、葬儀社が用意してくれます。

そして幾つかあるサンプルの中から選ぶのが多いようです。


◆お世話になった人に出す弔問の礼状


故人様が生前に親しくお付き合いされていた人や、お世話になった人、

更にわざわざ遠方から駆けつけてくれた人には、自筆で弔問の礼状を

出すように心掛けましょう。

この時の文面としては、会葬の御礼はもちろんのこと、現在のご遺族の

心境や状況、生前にお世話になったことへの御礼も併せて述べるようにします。

その上で相手の健康を祈ったり、今後の支援などをお願いした文章にすると

感謝の気持ちが伝わって、より良い文章になることでしょう。





この記事を書いたプロ

勝山宏則

勝山宏則(かつやまひろのり)

勝山宏則プロのその他のコンテンツ

Share