まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
勝山宏則

対応安心度調査2位の葬儀社を統括する葬祭ディレクター

勝山宏則(かつやまひろのり)

大成祭典株式会社

お電話での
お問い合わせ
0120-351-167

コラム

葬儀での言葉使いで気をつける事は…

マナー

2012年8月8日


冠婚葬祭には不適当な言葉が沢山ございます。

特に葬儀では不適当な言葉を「忌み言葉」といい、縁起が悪いものとして

昔から使わないようにしてきました。

最近では、以前ほど煩くはありませんが、不用意な言葉でご遺族を傷つける

ことは絶対避けたいものです。


【忌み言葉】
① 不幸を連想させる言葉(重ね言葉・繰り返し言葉)
  たびたび・重ね重ね・しばしば・再三再四・返す返す・またまた
  つくづく・ますます・くれぐれも・わざわざ・引き続き・繰り返し
  なおまた・かつまた・続いて・再び・追ってなど

② 音の響きが不幸を連想させる言葉
  四(死を連想させる)九(苦しみを連想させる)など

③ 死を直接意味する言葉
  死亡・死ぬ・自殺・事故死・心中など

この記事を書いたプロ

勝山宏則

勝山宏則(かつやまひろのり)

勝山宏則プロのその他のコンテンツ

Share