まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
勝山宏則

対応安心度調査2位の葬儀社を統括する葬祭ディレクター

勝山宏則(かつやまひろのり)

大成祭典株式会社

お電話での
お問い合わせ
0120-351-167

勝山宏則プロのコラム一覧:法要

法要

2012-03-30

故人様が亡くなった翌年の祥月命日にまず一周忌を営みます。その翌年に三回忌(一周忌以降は死去した年も入れて数えます。)、以下、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌と続き、それ以降は50年毎に法要を営みます。しかし一般的には、十...

法要

2011-11-04

宗派を問わず、法要(霊祭、追悼ミサ、召天記念祭)は節目毎に執り行います。喪家では、仏式では「四十九日忌」をはじめ「一周忌」あるいは「三回忌」ぐらいまで神式では「五十日祭」「百日祭」キリスト教式では「追悼ミサ・召天記念祭」には、親しいご友人・知人へ案内状をご送付するの...

法要

2011-11-03

  【まず、招かれたお礼を述べる】  一般の挨拶同様に、まず法要に招かれたお礼を述べます。  ただし「お招き頂き、ありがとうございます」では失礼にあたりますので、  「お招き頂き、恐れ入ります」「お招き頂き、誠に恐縮でございます」  などの言葉をご使用されると良いでし...

法要

2011-10-07

〇 一周忌(1年後) 三回忌(2年後)  内容:故人との縁の深い方を招き供養する    服装:略式礼服が一般的〇 七回忌(6年後) 十三回忌(12年後)  内容:近親者、知人を招いて供養する  服装:平服でも問題はありませんが、年配の方が多い場合は略式礼服が良いでしょう...

法要

2011-10-06

古くから「仏様のことは先延ばしにはしない」との教えがあり、命日にご供養できない場合には、命日より前にすることが一般的です。 私たちはどうしても自分たちのことに目を向けがちですが、自分達の事ばかりにとらわれて、故人様やご先祖様をないがしろにしてはいけない、感謝の心を忘れ...

法要

2011-08-17

運転者の後ろが上座になりますので、そちらにご案内するのが良いでしょう。喪主はご住職の隣に座り、親戚代表の方がいらっしゃるようであれば助手席にご乗車頂くのが良いでしょう。

法要

2011-08-15

一周忌以降での挨拶文では、故人を懐かしむ事に重点を置きます。そのため、故人の生前のエピソードや功績を簡潔に述べ、故人を懐かしむ内容にするのが良いでしょう。【挨拶文例】① 〇〇さんの有能ぶりは、ここで申すまでもありませんが、こよなくお酒を  愛されていたのが印象深く残...

法要

2011-06-30

一般的には命日より35日~49日の間の休日に行いますが、日取りは僧侶のご都合を聞いてお決めください。日時が決定したら、故人様の兄弟・親戚・知人など親交の深かった人へ法要の前に余裕を持って案内状を送りましょう。法要の後、「お斎(おとき)」と呼ばれる会食でおもてなしをする場合は...

法要

2011-05-31

近年、お墓のシステムは変化してきました。お寺が守る永代供養墓、海に還す海洋葬、樹木などの森林に還す樹木葬、使用期限を定めたお墓などもございますが、残されたご家族のご意思も大切になりますので、皆様で充分お話合いされた上でお決めいただいた方がよろしいかと思います。葬...

法要

2011-05-30

一周忌は、故人が亡くなられた日からちょうど1年後の同月同日(祥月命日)に執り行います。また、三回忌は故人の死後、3年目ではなく満2年目、同様に、七回忌は満6年目、十三回忌が満12年目、三十三回忌が満32年目に執り行います。葬儀やお葬式に関するお悩みがありましたら、弊社HP...

法要

2011-05-24

仏教では初七日に始まり、七日毎に追善供養を行い、四十九日法要をもって忌明けとなります。この忌明法要は三十五日で行われることもあります。三十五~四十九日の間で菩提寺にご相談のうえ、ご親族の皆様が集まりやすい日にご予定されてはいかがでしょうか?葬儀やお葬式に関するお悩...

勝山宏則プロのその他のコンテンツ

Share