まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
勝山宏則

対応安心度調査2位の葬儀社を統括する葬祭ディレクター

勝山宏則(かつやまひろのり)

大成祭典株式会社

お電話での
お問い合わせ
0120-351-167

勝山宏則プロのコラム一覧:その他のお悩み・ご質問

弊社で葬儀を執り行った皆様から以下のような意見が寄せられております。1.自分史を作ることができる2.介護や葬儀の希望を伝えることができる3.相続の意思を伝えることができる4.財産管理ができる5.次世代への贈り物になるエンディングノートは遺言書と違って法的拘束力はござい...

マンションの場合、棺がエレベータに入らなかったり、近隣住民の視線が気になるなどといった問題があるようです。 また、賃貸住宅では家主がご遺体の搬入をお断りする場合があるようですが、弊社では故人様をご安置する専用のお預り施設を完備しておりますので、弊社スタッフまでお気軽にご相...

分骨することが決まっている場合には、火葬後の収骨時に分ける事が多いようです。納骨には埋葬許可書(火葬許可書)が必要になりますが、役所で発行して貰えるのは1通のみになりますので、分骨用の埋葬許可書(火葬許可書)は火葬場で発行して貰うことになります。葬儀にまつわるご質問に...

葬儀の費用や内容は様々です。出来れば事前相談を受けると良いでしょう。まず葬儀に対する希望を弊社担当者にお話し頂ければ、ご説明と共に仮見積書をお作りいたします。弊社では無料で事前相談を承っております。ご相談にあたっては下記のことを決めておくとスムーズだと思います。①葬儀...

ご遺体を傷つけることは、ご遺族にとっては大変辛い事だと思います。でも、故人様が生前から献体や臓器提供を希望していたのであれば、ご遺族はその意志を出来る限り尊重した方が良いと思います。特に生前に登録している場合は、臨終前にその旨を医師に告げておき、死亡後に提供を行う団体...

人生の終末を迎える場所は人によって、病院や自宅、自宅以外の場所(旅行先、出張先、海外など)と様々です。それぞれのケースで亡くなった場合の対応を記載いたします。【病院で亡くなった場合】担当医師が死亡を確認後、死亡診断書(死亡届とセットになっています)を作成し、ご遺族に...

医師が本人に死が間近に迫っていると判断すると、家族が危篤状態にある事を告知します。危篤を告げられたら速やかに関係者にその旨の連絡を入れます。それが深夜・早朝であっても遠慮せずに手短に伝えます。その際には「夜遅く(朝早く)申し訳ありません」といった言葉を添えると良いでしょ...

葬儀は時間的にも精神的にも余裕がない状態で行う事が多く、知識も乏しい状態で打合せをするので、充分に納得した形での葬儀を執り行えない事もあるようです。弊社では、事前相談や施設見学を随時受け付けており、担当者が丁寧にご説明させていただきますので、弊社HPよりお気軽にご相談く...

写真の修正技術も年々向上し、背景を消す事や普段着のままでもスーツを着用した様にご修正できますので、故人様の表情が良いお写真をお選びください。また、画像の大きさとしましては、親指大の大きさがございましたら引き伸ばして加工することもできますので、ご安心くださいませ。

身体から穢れを払うためのもので、神道に基づく考え方のものです。昔は葬儀を行うことは穢れが付くと考えられた為、ご遺族は物忌みとして葬儀後に一定期間自宅に篭り、参列者は穢れを払う風習がありました。この風習が変化してお清めの塩となったと言われております。

昔、死者が武士の場合に枕元へ刀を置いた名残りであるとか、魔除けや死霊に対する鎮魂の為、死者の魂が持ち去られる事を防ぐ為、死霊を封じ込める為、などの様々な言い伝えがあるようです。※守り刀を使用しない宗派もございます葬儀に関するお悩みや素朴なご質問など、弊社HPまでお気軽...

火葬終了時に、火葬場で火葬許可書に火葬済みであるとの証印をもらい、それが埋葬許可書になります。墓地や納骨堂に骨を収める為の許可証ですので、紛失しないように大切に保存しましょう。※死亡診断書を市区町村役場の戸籍課へ提出し、火葬許可証を受け取ります。弊社で施行をお手伝いさ...

国内の遠隔地で死亡した場合、現地で火葬する場合とご遺体のまま搬送するケースがあります。現地で火葬する場合、弊社で現地の葬儀社をお探しすることはできます。現地の市町村役場に死亡届と死体火葬許可証公布申請書を提出し、火葬許可証を受け取ります。一方、ご遺体のまま搬送する場合...

主に納棺出来ないものとしましては、カーボン製品(例:釣り竿、ゴルフクラブとボール)、石油化学製品(例:プラスチック、発砲スチロール)、爆発物(例:スプレー缶、ライター)、金属ガラス製品(例:酒瓶、玩具)、大きい果物類などがございます。火葬場によっても異なる場合があり...

故人様、喪主様、ご遺族の各々の友人や知人、仕事関係、ご近所の方などをリストアップすると、おおよその人数を予測することが出来ます。なお、故人様のご友人や知人につきましては年賀状などでお調べされる方が多いようです。また、返礼品につきましては多めにご用意されることをお薦めし...

勝山宏則プロのその他のコンテンツ

Share