まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
勝山宏則

対応安心度調査2位の葬儀社を統括する葬祭ディレクター

勝山宏則(かつやまひろのり)

大成祭典株式会社

お電話での
お問い合わせ
0120-351-167

コラム

葬儀と結婚式が重なった場合はどうすれば良いのでしょうか?

マナー

2012年8月4日

日常の付き合いの中で、弔辞と慶事が重なる場合もあります。

例えば、知人の結婚式と親戚の葬儀が重なるケースです。

その場合は、時間的に調整がつけば双方に出席する事が望ましい

のですが、それ以外では弔辞に参列しましょう。

慶事より弔辞を優先することが基本的なマナーで、何故ならば葬儀は

その人にとって最後の厳粛なる儀式であるという考え方によるものです。

その際の欠席理由は、葬儀の為などの表現は避け「家庭の都合」

または「やむを得ない事情」などと言葉を濁して、欠席のお詫びと

共に相手に伝えます。また、自身や家族の結婚式と重なったり、

或いは出産を控えている場合などは、喪家に対する心遣いとして

葬儀への参列は遠慮されるのが良いでしょう。

その場合には弔電を打つか、後日にお悔やみの手紙を書くなどを

して、喪家に弔意を表すと良いでしょう。

この記事を書いたプロ

勝山宏則

勝山宏則(かつやまひろのり)

勝山宏則プロのその他のコンテンツ

Share