まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
折本徹

入国管理局の在留資格申請手続きをサポートする行政書士

折本徹(おりもととおる)

折本 徹 行政書士事務所

お電話での
お問い合わせ
03-3439-9097

コラム

オーバーステイからの在留特別許可

入国管理局手続(国際結婚ビザ)

2010年11月11日 / 2018年8月12日更新

オーバーステイ外国人が適法に在留するには?

オーバーステイで結婚し、在留特別許可を求める場合は?

「折本徹行政書士事務所は、外国人配偶者の在留資格を得るサポートをしています。 」


在留特別許可の流れ
入国警備官の違反審査
  |
入国審査官への引渡し
入国審査官の違反審査
|(仮放免許可)
退去強制事由に該当と認定―――異議なしーーー退去強制
  |――――認定に異議有り
特別審理官の口頭審理
  |
判定に誤りなしと判定――――異議なしーーー退去強制
  |――――異議の申し出
法務大臣の裁決
  |
在留特別許可 又は 退去強制

という形で進むことになります。

ここでは、東京入国管理局では、具体的にどう進むのか、最短の例を書きます
ある日
東京入国管理局の調査第三部門に出頭
(東京入国管理局横浜支局では、警備部門)
インタビュー開始、入国確認、指紋採取
在宅案件へ
違反調査開始

その後・・・
O月O日O時(指定されます)、入国管理局へ出頭されたし旨の連絡があります

指定された日
調査第三部門へ出頭し、インタビュー
違反審査部門に移り、インタビュー
審判部門で口頭審理
裁決の結果として、その日に在留特別許可

こともあります。

ただし、数年前までは、何も問題が無く、本当の結婚である、と認定してもらえれば、
上記のようにスムーズに在留特別許可になる可能性がありましたが
(今でも、可能性があるかもしれませんが)
近年、
1)出頭したその日に収容

あるいは、
2)いったん、自宅への帰宅が許される。
しかし、後日、呼び出され、
再度、調査第三部門でインタビュー、調書が作成され、署名・押印の手続きし、帰宅が許される。
その後、呼び出し日が指定され、
指定された日の出頭で、仮放免許可が下され帰宅。
更に、指定された日に入国管理局へ出頭確認、
その間、

違反審査
|
口頭審理

を行い、1年間以上を経て、裁決
となることがあります。

個人的に、長期化する理由として、
交際期間が短い場合、様子を見ている{その婚姻は疑わしい}。
また、
出国命令
{初めての不法残留、それ以外犯罪歴なし・犯罪を犯していない、自主的な帰国意思の表明}
での帰国の場合、1年間以上は、上陸拒否なので、それとのバランスを考慮し、
違反調査の開始の日から1年間は在留特別許可の結論を出さない、
と推測しています。


最初に出頭した日に用意する書類を紹介します。
・婚姻記載後の日本人側の戸籍謄本
・日本人側の住民票
・日本人側の収入を証明する資料
  会社員であれば、在職証明書と源泉徴収票
  自営業であれば、確定申告書のコピー(原本は提示)と納税証明書その1とその2又は住民税の課税証明書
会社経営者であれば、会社の登記簿謄本と源泉徴収票
  日本人側も法令遵守を求められますので、法律違反には注意。
・外国人側のパスポート(提示)
無い場合、その旨を事前に書いておいて提出
・外国人側の外国人登録証明書(提示)と外国人登録原票記載事項証明書
 を所持していれば提出
・外国人側の出生証明書
・大使館発行の結婚報告書
  無い場合、その旨を事前に書面に書いておいて提出
・住居を証明するもの
  持ち家だったら、不動産登記簿謄本
  賃貸だったら、賃貸借契約書のコピー
  できれば、最寄り駅から住居までの地図を、事前に書いておいて提出
・外国人妻が、妊娠している場合、母子手帳(提示)
・二人又は日本人側の家族と写っている写真。できれば、結婚式の写真。
・銀行通帳

入国管理局から「陳述書」「申告書」「配偶者の履歴書」が渡され、記載します。
「陳述書」は
・国籍、本国の住所、入国日時、入国目的、オーバーステイになった経緯、
ブローカーの関与度合い、知り合い結婚した経緯、最終稼動内容、
本国の学歴・職歴・婚姻歴、日本国内での学歴・職歴・婚姻歴、本国と日本の親族
などを書きますので、事前にまとめておいた方がよいです。

ご夫婦、別々のインタビューがあります。
普段の生活内容のチェックですが、情報を収集して、試験みたいに対策する必要はなく、
落ち着いて答えれば良いです。
私見ですが、事前に対策しても、予想外の質問が、ほとんどです。
在宅案件になりましたら、その日に自宅が帰れます。
後は、ひたすら、連絡を待つことになります。

その後、
1)連絡があり、指定された日に出頭し、インタビュー(尋問、との表現があっているのかもしれません)
2)さらに、別の日を指定され、出頭。違反審査・仮放免許可
3)さらにさらに、別の日を指定され、仮放免許可の出頭確認(仮放免許可の更新を含む)
4)さらにさらにさらに、別の日を指定され、口頭審理
5)裁決
と1年以上かけて、進むことがあります。しかし、各人各様です。


「国際結婚の手続きと外国人配偶者の在留特別許可手続きは、当事務所にお任せください」

1回の無料メール相談をしています。
お気軽にお問合せください
電話番号 03-3439-9097
「当事務所は、外国人配偶者の在留資格・ビザを得るサポートをします。
当事務所と一緒になって考え、進めましょう!」 
依頼について

「入国管理局の手続きと国際結婚」のテーマの記事の一覧表
外国人研修生(技能実習生)と日本人の婚姻事案


下記からは、国際結婚手続き・各国別です。


各国の国際結婚(中国)
http://mbp-japan.com/tokyo/orimoto/column/1326960

各国の国際結婚(フィリピン)
http://mbp-japan.com/tokyo/orimoto/column/1302241

各国の国際結婚(ベトナム)
http://mbp-japan.com/tokyo/orimoto/column/1301824

各国の国際結婚(タイ)
http://mbp-japan.com/tokyo/orimoto/column/1317405

各国の国際結婚(ミャンマー)
http://mbp-japan.com/tokyo/orimoto/column/1352255

各国の国際結婚(インドネシア)
http://mbp-japan.com/tokyo/orimoto/column/1309538

国際結婚(ロシア)
http://mbp-japan.com/tokyo/orimoto/column/1301865

国際結婚(ウクライナ)
http://mbp-japan.com/tokyo/orimoto/column/1303097

依頼人に寄り添い、希望が叶うことができる申請手続きを心がけています。
まずは、相談から始めましょう。
1回のみ無料相談を受け付けています

依頼に関すること

この記事を書いたプロ

折本徹

折本徹(おりもととおる)

折本徹プロのその他のコンテンツ

Share

折本徹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3439-9097

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

折本徹

折本 徹 行政書士事務所

担当折本徹(おりもととおる)

地図・アクセス

折本徹プロのその他のコンテンツ