まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
斎藤せい子

気持ちと行動に変化を起こすカウンセラー

斎藤せい子(さいとうせいこ)

アルテミス・アレス

コラム

幸せにつながる選択

渋谷で心理カウンセリング

2012年11月30日 / 2012年12月13日更新

前回は意志には3つの側面があり、
バランス良くそだてていくこと、その場に合わせて使っていくことが必要とお伝えしました。

ちなみに私自身も「強い意志」が足りないなぁと常々思っているので
バランス良く・・・を現実にしていくのは時間もかかるし難しいとわかってもいます。

今回はその意志の決定(決断とか選択とかと言い換えることもできます)
のお話です。
選択の基準は以前の記事もご参考に!
⇒ http://mbp-tokyo.com/artemis-ares/column/24866/


さて、意志決定・決断・判断などの時、私たちは2つのものを使います。

それは「思考」と「感情」です。

「思考」は分析や戦略、計画、条件などを検討するときにパワーを発揮します。
善悪とか、損得の判断にも使いますし、とても強力です。

ただ、もちろん弱点もあるわけです。

私たちが意志決定をする前提の一つに「幸せになりたい」という気持ちがあります。
その為に一生懸命「思考」を使って考えても、幸せにつながる選択はみつかりません。

なぜなら、幸せとは感情だからです。

だから、幸せにつながる選択をしたいなら「感情」につながる「直感」に従って
選択したほうがいいのです。

ときどき、「直感」が選択したことを理屈が通らないからといって無理に否定して
「思考」で考えたことを実行することがあります。
その選択は、正しかったりお得だったりすることも多いのですが
それがそのまま幸せにはつながらないという事を覚えておいてくださいね。

この記事を書いたプロ

斎藤せい子

斎藤せい子(さいとうせいこ)

斎藤せい子プロのその他のコンテンツ

Share

斎藤せい子プロのその他のコンテンツ