マイベストプロ大阪
真田直和

会社と従業員が共に幸せになれる仕組み作りを提案する専門家

真田直和(さなだなおかず) / 特定社会保険労務士

真田直和社会保険労務士事務所

コラム

転職時代の社員教育

2022年9月12日

テーマ:人事制度

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 人材育成 研修

ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリー株式会社が、転職経験者を対象に「あなたと転職のリアル」アンケートを実施し、2,687名から得た結果を公表しました。

調査結果のポイント
1.転職はあなたにとってよい経験になりましたか?
・なった    93%
・ならなかった  4%
・その他     3%

2.この先また転職をしたいと思いますか?
・いますぐしたい       19%
・1~2年以内にはしたい   16%
・いずれしたい        32%
・いまのところは考えていない 29%
・まったく考えていない     4%

3.転職を決断したシチュエーションはどのようなものでしたか?
・成長・昇給の頭打ちを感じたとき    14%
・職場の人間関係で問題が生じたとき   11%
・会社の方向性との違いを感じたとき   10%
・他の仕事が魅力的にみえたとき     10%
・仕事がハードすぎると感じたとき     4%
・仕事がつまらないと感じたとき      3%
・会社の業績悪化・解雇          3%
・周りの人に影響されたとき        3%
・結婚・出産               2%
・コロナ感染拡大による影響        2%
・転勤などやりたい仕事から離れたとき   2%
・コンテンツを見たとき(映画・本など)  2%
・その他                34%

上記「2」の結果から約6割以上の方が転職希望です。
何年後に転職するのかわかりませんが、
転職を考えている方に対して社員教育は悩ましいところです。

教育しなければ社員のスキルアップは望めません。
しかし、そのスキルを活かして他の企業に転職すると、ノウハウの流出になります。
教育コストもばかになりません。

終身雇用が終わった時代です。
転職はますます当たり前になります。
こうした状況で、社員教育の目的をしっかり定めるべきではないでしょう。

調査結果の詳細は下記でご覧いただけます
https://q.bmd.jp/91/266/6869/88105

この記事を書いたプロ

真田直和

会社と従業員が共に幸せになれる仕組み作りを提案する専門家

真田直和(真田直和社会保険労務士事務所)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧