まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

遺産分割における付随問題⑤ 老親の介護や扶養問題

相続(遺産分割篇)

2016年4月18日 / 2018年8月9日更新

1 介護・扶養を理由とする多めの遺産分割の要求
 父が亡くなり、母と複数の子が相続人になるケースで、子の一人が、老齢の母の介護や扶養をするので、自分の相続分を多く、母を含む他の相続人の相続分を少なくするよう要求する、ということが、遺産分割協議や調停の中で、よく出てきますが、父が残した遺産を分割することと、母の介護・扶養は全く別問題です。

2 むしろ逆に考えるべき
 真実、母の介護や扶養に、お金がかかるというのであれば、母の相続分をこそ、十分に確保し、母が得た父の遺産を、母の介護や扶養に当てるべきでしょう。
 老母から、介護や扶養の不安を除いてあげることは、老母から遺産を取り上げて、老母に肩身の狭い思いをさせることではなく、老母に、その権利分の遺産を取得させ、資産を持っているという安心感を与えての,介護であり扶養であるべきでしょう。

3 家庭裁判所の考え
 家庭裁判所は、他の子たちが、同意をした場合でも、母の相続分まで,一人の子に取得させることには、消極的な姿勢を見せています。
 母の介護や扶養を約束した相続人が,約束を履行する保障はない上に,その約束を履行しなかったとしても,遺産分割を解除することはできませんので,(最判平1.2.9),そのような遺産分割には,かなりのリスクが伴うからです。

4 遺産分割をデッドロックに乗せてしまう危険が極めて大きい
 老親の介護・扶養の問題が,遺産分割の協議や調停の場で取りあげられると、本来の目的である遺産分割が、デッドロックに乗り上げてしまう危険が極めて大きく,この問題は、遺産分割とは切り離して、話し合うべきです。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ