まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

相続相談 相続放棄と未支給年金の取得

相続相談

2013年9月10日 / 2013年9月11日更新

Q 私は父が亡くなったとき、父には多額の債務があることを知っていたので、相続放棄をしました。ところが、最近、父に国民年金の未支給分があることと私に受給権があることを通知で知りました。父の相続を放棄した私でも、これを受給することはできますか?

A できます。
国民年金法19条は「年金給付の受給権者が死亡した場合において、その死亡した者に支給すべき年金給付でまだその者に支給しなかつたものがあるときは、その者の配偶者、子、父母、孫、祖父母又は兄弟姉妹であつて、その者の死亡の当時その者と生計を同じくしていたものは、自己の名で、その未支給の年金の支給を請求することができる。」と規定しています。これは、相続とは別の制度として、一定の遺族に対して未支給の年金を支払おうとする制度ですから、この条文の要件を満たした遺族は、相続放棄をした人でも受給できます(最高裁平成7.11.17判決)。
生命保険金や退職慰労金、遺族年金などと同じく、被相続人の未支給年金も、相続財産ではないため、法に規定された遺族に受給権があるのです。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ