まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

相続 151 家族(推定相続人)名義の預金があるときの遺言事項

2011年4月19日

1 家族名義の預金は誰のものか?
一家の主人が、妻や子名義で預金をすることがありますが、それが真実妻や子に贈与したものか、単に名義を借りている(あるいは名義を使っている)だけなのか、表面的には分かりがたいものがあります。
預金は、必ずしも名義人の財産とはみられません。
預金者はお金を出した者であるという「出捐者説」が判例だからです。
いざ、相続が開始して、相続税の申告の段階になって、家族名義の預金を、相続財産から除外すると、税務当局から更生・決定がなされることもあります。
これは税務当局が、家族名義の預金を家族のものとみないで、被相続人のものとみるからです。このように、家族名義の預金は争いになりやすいものなのです。

2 遺言で争いの根を断つ
家族名義の預金は、その名義人のものなのか?そうだとすると、それは持戻し対象にするのか、持戻し免除の対象にするのか?
このことを、遺言で明確にしないと、争いの元になります。
そこで、次のような遺言を書いておく必要があります。
【遺言文例】
妻の名義の下記預金は、私が妻に贈与しものである。そうでないとしても、この遺言で妻に与えるものである。また、この預金については、持戻しを免除する。妻は、この預金を取得した上で、残りの財産から法定相続分を相続できるものとする。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ