まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
菊池捷男

法律相談で悩み解決に導くプロ

菊池捷男(きくちとしお)

弁護士法人菊池綜合法律事務所

コラム

相続 87 長男にA宅地を相続させると遺言を書いたが、相続開始前に長男が死亡した場合の効力

2011年1月2日


1 問題
父が、長男甲にA宅地を相続させる、との遺言を書いた後で、甲が死亡し、その後で被相続人である父が死亡したとき、A宅地は当然に甲の子乙(代襲相続人)が相続することになるのか?

2 代襲相続人は相続しないとの見解(消極説)
遺言者は、そのような事態が生ずることを予想して、その場合は乙に代襲相続人としてA宅地を相続させる旨の遺言を書くことが出来るのだから、それをしないで死亡した場合は、その遺言は無効になる、との見解があります。
最高裁の判例はまだなく、学説ではこの見解が多いと言えます。

⑵ 代襲相続人が相続するとの見解(積極説)
東京高裁平成18.6.29判決は、
① 相続人(仮に「甲」)に対し、特定の財産(仮に「A宅地」)を相続させる遺産分割方法の指定がされると、甲は、相続の内容としてA宅地を取得することができる地位を取得することになる。
② その結果、甲は被相続人の死亡とともにA宅地を取得することになる。
③ 甲が、被相続人の死亡より早く死亡した時は、その子(仮に「乙」)が代襲相続によりその地位を相続する。
との理由です。

最高裁の判決(判例)が待たれるところですが、実務的には、消極説の見解に立ち、遺言で明確にしておくべきでしょう。

遺言文例
私は、A宅地を長男の甲に相続させる。
この遺言の効力が生ずる前に甲が死亡したときは、A宅地は甲の長男乙に相続させる。

ご相談は弁護士法人菊池綜合法律事務所へ!

この記事を書いたプロ

菊池捷男

菊池捷男(きくちとしお)

菊池捷男プロのその他のコンテンツ

Share

菊池捷男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-231-3535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菊池捷男

弁護士法人菊池綜合法律事務所

担当菊池捷男(きくちとしお)

地図・アクセス

菊池捷男プロのその他のコンテンツ