マイベストプロ京都
水沼国男

東洋医学の知識を伝えてより健康に導く鍼灸のプロ

水沼国男(みずぬまくにお) / はり師

美山いずみ鍼灸院

コラム

夏バテ、夏の疲れ 2020

2020年7月30日 公開 / 2020年8月7日更新

テーマ:暮らしに活かす東洋医学の知恵

コラムカテゴリ:美容・健康

コラムキーワード: 鍼灸治療東洋医学

夏の疲れをスッキリ解消して、秋を過ごそう!

 そろそろ、梅雨明けとなります。梅雨開け後は暑くなるという報道もされています。暑さや湿気から身体に疲れがたまり、夏の終わりは、たまった疲れが一気に出て体調を崩しやすいときです。秋からの季節をすっきりむかえる為に、夏の疲れは早めに解消しておきましょう。


夏バテとは

 暑い日が続く夏になると、身体がだるく疲れが取れにくい、食欲がわかない
などの症状があります。これと言った病気がないのに身体の不調が続くとことが
ありますが、これがいわゆる“夏バテ”の状態です。


夏バテの症状

夏バテの症状は、様々です。
例えば、胃腸の働きが弱り、食欲が落ちたり、身体がだるい、元気がない、イライラする、疲れやすいなどです。
また、今年のような猛暑では、室内と外の温度差がはげしく、そのため身体が対応で
きず、自律神経を乱したり、冷房によって身体が冷えすぎることによる腹痛、下痢、血行不良
などの症状があらわれます。
これらの症状は、寝込むほどの症状でないので、自然に回復するのを待つことが多いいですが、
適切な処置をしなければ、余計に体調を崩してしまい、「秋バテ」になる方も増加しています。



夏バテ解消する生活習慣を行って夏バテを防ごう。
夏バテにお勧めなツボは?

治療、]こちら

この記事を書いたプロ

水沼国男

東洋医学の知識を伝えてより健康に導く鍼灸のプロ

水沼国男(美山いずみ鍼灸院)

Share

関連するコラム