マイベストプロ熊本
  1. 【保存版】新型コロナ対策:小学校休業等対応助成金:支給申請書の書き方★解説動画
川浪宏

労務環境整備のプロ

川浪宏(かわなみひろし) / 社会保険労務士

社労士事務所HIKARI

お電話での
お問い合わせ
096-237-6797

コラム

【保存版】新型コロナ対策:小学校休業等対応助成金:支給申請書の書き方★解説動画

2020年3月22日 公開 / 2020年4月1日更新

テーマ:新型コロナ

コラムカテゴリ:法律関連


今回は【新型コロナ】対策で創設された

小学校休業等対応助成金の支給申請書の書き方を解説いたします。

--------------------------------------------------------------------
このYouTube動画の内容(概略)
--------------------------------------------------------------------

新型コロナの高い感染力により経済活動に影響が出ております。

このような状況の経済面(特に雇用)の対策として、2/28に国会で安部首相が、
新型コロナウイルスの感染拡大を抑止するため「小中学校など」へ休校要請に関し、
子供の世話で欠勤を余儀なくされるパート労働者の収入を支援する考えを示しました。

その考えによって創設された助成金が
「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」です。

この助成金の詳細が厚生労働省のホームページで3/18に情報発信されました。
そこでこの動画では、支給申請書の書き方についてポイントを絞って
具体的に解説を行っております。

--------------------------------------------------------------------
今回のYouTube動画のコンテンツ
--------------------------------------------------------------------

最初の数字はYouTube動画の秒数です。

YouTube動画のコメント欄に記載しております。

秒数 No  項目

0:47 1.小学校休業等対応助成金のスキーム

⇒支給申請、助成金の受け取り人は「会社」です。
 従業員に直接支給される助成金ではありません。
 この助成金のスキームを解説しております。

2:22 2.この助成金の注意点2つ

⇒1点目:支給は会社単位です。雇用保険適用事業所ではありません。
 2点目:申請先は最寄りの労働局等ではなく、専用にセンターになります。

4:08 3.支給申請書は雇用保険被保険者とそれ以外の2種類に分かれます

⇒この助成金の財源(雇用保険若しくは税金)の違いにより、支給申請書は、
 雇用保険被保険者分とそれ以外に分かれてますのでご注意ください。

8:07 4.支給申請額の計算方法例(月給制、上限あり)

⇒記入例を例に、支給申請額の計算方法を解説しております。
 特に間違いやすいと思われる上限ありのケースを取り上げております。

12:19 5.支給申請額の計算の注意点(Q&A)

⇒前スライドで説明した上限ありのケース以外の注意点を厚労省の
 Q&Aから解説しております。

16:04 6.有給休暇取得確認書(世話をする子供と対象となる保護者)

⇒支給申請書類で一番質問が多いと予想される「有給休暇取得確認書」を
 3項目に分けて解説しております。(1項目目は対象となる保護者)

20:34 7.有給休暇取得確認書(休暇の取得確認)

⇒2項目目として、休暇の取得確認を解説しております。

22:06 8.助成金の対象となる臨時休校Q&A

⇒3項目目として、助成金の対象となる臨時休校を厚労省の
  Q&Aから解説しております。

24:44 9.新型コロナに感染のおそれがある場合の助成金の対象となる休暇Q&A

⇒3項目目の続きです。新型コロナ感染症のおそれがある場合を
 厚労省のQ&Aから解説しております。

26:04 10.助成金の支給申請に必要なその他提出書類(賃金台帳とは)

⇒支給申請書に添付して提出が必要な書類をまとめて解説しております。

29:00 11.支給申請の手続き(申請期限、問い合わせ先、その他)

⇒支給申請手続きで重要な申請期限等を解説しております。

31:18 12.最後に


なお、この動画は2020.3.18時点の情報で作成しているので、
今後、変更点があるものと考えております。

ご視聴下さった皆様におかれましては、最新の情報をご確認の上、
最終的な意思決定下さるようお願い致します。

【免責事項】YouTube動画に掲載する情報は細心の注意を払っておりますが、万が一誤りがあった場合、または当事務所が発信したYouTube動画及び当サイトを利用することで発生した、もしくは発生したと推測されるトラブルや損失、損害について、当事務所は一切責任を負いません。

この記事を書いたプロ

川浪宏

労務環境整備のプロ

川浪宏(社労士事務所HIKARI)

Share
関連するコラム

川浪宏プロのコンテンツ