まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
宮崎佐智子

「片付かない!」の根本から取組む整理収納のプロ

宮崎佐智子(みやざきさちこ)

ライフスタイルコーディネート ソートフル

コラム

浴室のカビの原因は?

この時期になると、嫌なのが、「カビ」の発生ですね。

安心安全、なおかつ快適な空間が、より良い暮らしを実現してくれます。
大変になり、手の施しようがなくなってからでは遅すぎますよ。
目についてたら、「すぐする」ことで、とっても楽で、手抜き家事が
行えるのです。

今日は「浴室のカビ」についてお話します。

この時期になると、カビのコラムが増えますね。
昨年の今頃も、毎日カビについて書いていたのを覚えています。

カビで一番悩まされるのが、「浴室」ですね。

ゴムパッキン、目地、シャンプー台の裏、などは結構目についたら、
除去されているお宅も多いのではないでしょうか。

カビが増殖すると、衛生的にも、健康面でも、体に良くないですね。
さらに、カビが生えた空間では、くつろいでゆっくり浴槽に浸るのも
落ち着かないでしょう。
カビで黒くなる故に、お風呂の空間は狭く感じますね。

浴室のカビの、一番の原因はどこだと思いますか?

天井に発生するカビですね。

ゴムパッキン、目c時、シャンプー台、排水口は、気づいたら
こまめにお掃除するでしょうし、毎日、お風呂掃除は、されるご家庭が
多いのではないでしょうか。

では、その天井のお掃除は、月に何度しますか?

平均で、2~3か月に1度しかしないそうです。

しない理由は何と思いますか?

天井のお掃除をするときに、天井モップを使用される方も
多いかと思いますが、3~5分間、天井のお掃除をしたら、
なんと、両肩の上部僧幅筋への負担は、赤ちゃんを170回、高い高いを
するのに、相当するそうです。

私は、踏み台を使用して、天井のお掃除をし、体への負担を軽減しています。

お風呂に最後に入った人が、壁を拭き上げています、という方も
最近は多いように思います。
ついでに、毎日とは言いませんが、週に一度でも、天井も拭きましょう。

その時は、とっても面倒かもしれませんが、
長い目で見ると、その、ちょっとしたひと手間が、長い手抜き家事へと
つながります。
そして、楽な自分らしい暮らしのルールができるのではないでしょうか。

より良い暮らし、快適な暮らし、自分らしい暮らしのために
ちょっとしたひと手間をかけて、手抜きお掃除の道を手に入れましょう。

この記事を書いたプロ

宮崎佐智子

宮崎佐智子(みやざきさちこ)

宮崎佐智子プロのその他のコンテンツ

Share