マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 片づけたいのに片づけられないのはなぜ?誰でもできる簡単片付け法

片づけたいのに片づけられないのはなぜ?誰でもできる簡単片付け法

カテゴリ:
くらし

片づけの基本的なポイントを押さえることが大切

カーディガンの活用法

片付けができない、苦手な場合、考えられる原因は、
1)片付けの方法を知らない
2)何かのきっかけで片づけることが困難になってしまった(例:引っ越し・出産・家族の死・離婚等)
3)ADHD,アスペルガー等脳のなんらかの偏りで困難
の3つが考えられます。

片付けの方法を学ぶ、誰かと一緒にやる、等で改善できる場合もありますが、長期的、定期的にサポートが必要な場合もあります。
習字やピアノも急には上手になりません。何度も練習するうちに上達しますね。
それと同じで、片付けも得意な人もいれば苦手な人もいます。練習することで、上手になります。

片付けの基本的なポイントを押さえて、無理のない方法で、楽しみながらやりましょう。

片づけを始める前に、自分のこと、家の中のことをチェックします。
予備がないと不安、探して見つからなかったらすぐ買ってしまうなどの行動をしがちな方は、買い方を見直してみます。
収納場所にどれくらいモノが入るのか、予備はどれくらい入るかを調べてみます。

探し物が多いのは、要るもの・要らないもの、使うもの・使わないもの、好きなモノ・嫌いなモノ等いろんなものが混在しているから。
このような場合は、何がどれくらいあるのかを把握することから始めます。
自分がどれくらいの量なら管理でき把握できるのかを知ることも必要でしょう。

次に片づけが苦手な人の特徴的な行動を3つあげ、それぞれの解決策を説明します。

特徴1 あちこち片づけして結局どこも片付かない人

【特徴:1】
片付けが苦手な人の行動の例をあげます。リビングを片付けしているのに、他の部屋に置いているモノが出て来たら、その部屋にもっていかなきゃと移動し、移動した先の部屋で気になるものを発見して、そこでガサガサ片付けをやりだしてしまう。
そんなことはありませんか?
ついつい他の所も気になって集中できず、結局どこも片付かないまま・・・なんてことはないですか?

【特徴:1の解決策】
今日はここ、と場所を決めて、そこだけをする。引き出し1個とか、棚一つとか決めてやる。
広いところは、分割して行う。自分のお気に入りの場所から始めるのも手。

特徴2 片づけるものを見るだけでうんざりする人

【特徴:2】
いざ、場所を決めて片づけを始めてみたものの、一つひとつのものをどう片づけすればいいのかわからない。
しかもそれがたくさんあるので、見ただけでうんざりしてやる気が起こらない。

【特徴:2の解決策】
片づけるものを全部出して、何があるのかをまず把握します。
そのために、仲間(カテゴリー)分けをします。

仲間分けをしたら、さらに、「好きでよく使う」「好きだけどあまり使わない」「使わないけど取っておきたい」「あげる・譲る」など、自分の気持ちの部分と使用頻度・機能性の部分で分けやすい言葉で4つに分けます。
「好きでよく使うもの」は収納部分に戻し、「好きだけどあまり使わない」「使わないけど取っておきたい」ものは別の場所に保管するようにしてモノの行き場所を決めていきます。

色で分けたら上手く行った、デザインで分けたら上手く行った、と言う方もいらっしゃいます。

特徴3 適当にモノを置くので必要な時にどこにあるのかわからない人

【特徴:3】
モノを適当に置いてしまうので、いざ必要な時にどこにあるのかわからない。
そもそも何があるのかさえも分からない。

【特徴:3の解決策】
大きなものから小さなものまで、全てのモノの住所(置き場所)を決めます。
場所を決めるだけでは、段々うやむやになりそうな場合は、棚と収納かごとマッチするように両方にラベリングをするといいでしょう。

住所を決めたら、必ずそこに置くようにします。
最初は意識することが必要ですが、続けることで、無意識に置くようになるでしょう。

収納部分にパンパンにものを入れると取り出しにくく、戻しにくいので収納が億劫になりがちです。
7~8割程度にし、余裕を持たせることで、取り出しやすく戻しやすい、パッと見渡せる収納にしましょう。

3つのポイント
・小さなところから1か所ずつ片づけを始めていくようにする。
・片づける全てのものを自分の気持ちの部分や利用頻度・機能性部分で分類して片づける。
・すべてのモノの住所を決める

これらのポイントを意識して片づけを楽しむ気持ちで取り組んでみてはいかがでしょうか?

宮崎佐智子

「片付かない!」の根本から取組む整理収納のプロ

宮崎佐智子さん(ライフスタイルコーディネート ソートフル)

Share

関連するその他の記事

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

村越真里子

村越真里子さん

夫婦の問題を解決する専門家

30分で5品も作れるハロウィンレシピ!

ようやく暑さもおさまり本格的な秋ですね。そして、ここ数年大いに盛り上がりを見せているのがハロウィンです。そこで今回は、私が運営している料理教室bonnecuisineでも好評を博した、わずか30分で5品もハロウィンレシピが作れる方法をご紹介いたします。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

増税前に買いだめした日用品や化粧品。ストック品の収納場所に困ったいまこそ意識を変えるチャンス

10月1日からの消費税アップの前に、少しでも、家計の負担を抑えようと、食品以外の細々とした消耗品などを、大量に購入してしまったという人も多いはず。普段は目につくところに置かないそんな大量のストックが、家の中を占領していませんか。

高橋和子

高橋和子さん

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す