マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 無駄を解消!プロが教えるかばんの整理収納術

無駄を解消!プロが教えるかばんの整理収納術

カテゴリ:
くらし

「持っていないと不安」という気持ちがかばんの中のモノを増やす

かばんの整理術

かばんの中を見るだけで、その人の家の状態がわかります。もっと小さいものだと、お財布を見ると「片づけができるのか、できないのかがわかる」と言えるでしょう。大きなかばんを持ち歩いている人の特徴として、「これは必要」「でも、これも持っておいた方がいいかも。万が一○○のときに使うかもしれない」といった理由で、いろんなモノを「持っていないと不安」という人が少なくないようです。

でも、あれもこれも放り込んでいると「取り出したいときにすぐ出せない」「いつもカバンの中を探し回っている」「見つからなくて、また新たに買っている」など、無駄な時間やお金を費やしてしまうことにもなります。それが仕事に関わるモノであれば、信頼をも失ってしまうかもしれません。

まず「何を持ち歩いたらいいのか」を考える

家の中については、「自分にとって何が必要か、何が大事か」と思考の整理をすることがとても大切で、そこが明確にならないと片づけはうまくいきません。かばんの中においては、「常に持ち歩きたいものは?また持ち歩く必要があるものは?」について考えてみましょう。頭の中がまとまったらかばんの中身をすべて出して、「絶対持ち歩きたいモノ=必需品」「かばんから出して家に置くモノ=手放す」といった具合に分けます。

そして「必需品」のみ戻しましょう。そのときのポイントとして、家の中でモノの定位置を決めるのと同様にかばんの中でも定位置を決め、モノに住所をつけてあげるのです。住所が定まったら「必ず元の場所に戻す」ことを練習しましょう。また、かばんの中全体を見渡せるように、ポーチや財布などを立てて入れておくのもおススメです。

バックインバックは中身がわかる透明タイプがオススメ

その日のファッションに合わせて、かばんを替えるときなどに便利なのがバッグインバッグです。携帯しておきたい小物などを入れておいて、そのまま別のかばんに移すだけです。しかし、そのバッグインバッグも「中身が見えないので何が入っているかわからない」「どれに何をいれたか忘れてしまい、探しだせない」といった問題が出てくるかもしれません。

そんなときは、ジッパー付きの収納袋(透明のモノ)で、まずは練習をしてみましょう。ジッパーがカラーのモノを使うと、色分けできるので便利です。中身が見えることで、ひとつずつ見る手間が省け、モノの住所を決めることにうまくつなげることができます。透明の収納袋で習慣化できたら、お気に入りのバッグインバッグに変更したらいいでしょう。

「とりあえず」といった気持ちがモノを増やしてしまうので、常に持ち物を見直してかばんの整理収納を心がけましょう。焦ってモノを探すことから解放されると心にも余裕が生まれて、コミュニケーションや仕事がスムーズになる可能性も出てきます。かばんの整理をすることで「得るモノが大きい」と言えるのではないでしょうか。

宮崎佐智子

「片付かない!」の根本から取組む整理収納のプロ

宮崎佐智子さん(ライフスタイルコーディネート ソートフル)

Share

関連するその他の記事

キャッシュレス決済の種類、ポイント還元のメリットは?迷える中高年に向けて仕組などを解説!

アプリによるQRコード決済が飛躍的に進み、スーパーやコンビニだけでなく、キャッシュレス決済対応の店舗が急速に増えています。セキュリティーの問題など、デメリットも含めた上での利用方法、使いこなす際の注意点などを、ファイナンシャルプランナーの平原憲治さんに聞きました。

平原憲治

平原憲治さん

顧客の性格に合わせた提案が得意なファイナンシャルプランナー

M1グランプリのミルクボーイでも話題。「人を傷つけない笑い」を実践する方法

M-1グランプリで注目が集まった「人を傷つけない笑い」は、プロの芸人のような巧みな話術がなくても誰でも実践することができます。職場や地域で生かせるる「人を傷つけない笑い」の作り方を解説します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

食とエネルギーの自給自足を可能にする「農業の未来の形ソーラーシェアリング」とは

日本の就農人口は増えつつあるとともに農業のあり方が変わりつつあります。地産地消の未来を築く未来型農業について解説します。

生津賢也

生津賢也さん

経営及び事業戦略構築のプロ

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す