マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. かさばる冬の衣服の賢い収納法

かさばる冬の衣服の賢い収納法

カテゴリ:
くらし

衣類をコンパクトにして収納量をアップ

かさばる冬の衣服の賢い収納法

冬のバーゲンが終わり、洋服屋にもトレンドカラーの春物洋服が並び始めました。そろそろ衣替えの時期です。春物・夏物の服を出したのは良いものの、今まで着ていた冬物をどこに片づけようかと悩む人も少なくないのではないでしょうか。冬物を出す前は確かに収納されていたはずなのに、どこに片づけていたのかさえも忘れてしまっている。また、新たに買ったものも増え、収納スペースを圧迫してしまうこともあるでしょう。

どの家でも収納スペースは限られています。それならば、入れる衣類をコンパクトにして、収納できる量を増やすことを考えましょう。

ニット製品やTシャツ、フリースは圧縮袋を使ってコンパクトに

ニット製品やTシャツ、フリースなど、伸びやすく、型崩れしやすい素材の衣服は、ハンガー収納には不向きです。圧縮袋を使ってコンパクトにまとめてしまいましょう。圧縮袋はさまざまな大きさが出回っていますので、お手持ちの洋服に合わせて購入してください。手で空気を抜くタイプもありますが、時間が経つと膨張してしまうことがあるので、掃除機を使うタイプがオススメです。大判のウール等のストールや厚手の靴下類も、圧縮袋を使うと便利です。汚れはきちんと落としてから片づけることを忘れずに。来シーズン、また着用する時期が来る頃には、前もって圧縮袋から出して、一度洗い直したり、素材によってはシワを伸ばしたりすることが必要です。

ダウンはクローゼットに吊るすと空気を含んで膨張

ダウンジャケットやコートなどは、クローゼットに吊るしている人も多いでしょう。しかし、果たして一年のうち、これらを着用する期間は1/3あるでしょうか。もし、クローゼットが家族全員分の衣服をオールシーズン衣替えしなくても良いくらい広ければ、吊るしておいても良いと思いますが、それは難しいでしょう。

よって、場所を取るダウンはコンパクトにしましょう。ダウンは、吊るしておくと空気を含んで、さらに膨らんでしまいます。畳んで棚に収納するか、引出しに入れる方が良いでしょう。リボンや紐などでしばっておくと、膨張するのを防ぐことができます。棚に収納する場合、ホコリが気になる場合は布等をかけておくと良いです。そして、不織布等の袋に丸めて入れて収納すると、さらにコンパクトになります。袋に入れてしまうと、中に何を入れていたかわからなくなってしまうという場合には、ダウンを丸めてマジックテープや不要なストッキングなどで縛る方法もあります。クリーニングから戻ってきた時のビニールカバーは外すように。ビニールをかけたままだと、梅雨や冬の時期は、湿気を含んでしまうことがあります。

また、スーツやワンピースなど、シワが付きやすいものはハンガー収納がオススメです。ハンガーは、洋服の型に合ったものを選んでください。クローゼットの中は詰め込みすぎず、空気が流れるように余裕をもった収納にしましょう。

かさばる冬の衣服をすっきり収納して、身も心も軽やかに春を迎えてください。

宮﨑佐智子

自分整理でより良い人生へとナビゲートするプロ

ライフスタイルコーディネーター

宮﨑佐智子さん(自分整理ナビゲーター)

Share

関連するその他の記事

終活―――生前整理をする時に気をつけるべきこと

外出が躊躇われる状況になって以来、身の回りのモノの片付けに手をつける方が多くなっています。家に居る時間が増え、思いがけず溜まった服や趣味のコレクションなどに向き合うよい機会となったようです。そこで、終活の一環として身の回りを整理する時の注意点を四つご紹介いたします。

薩野京子

薩野京子さん

死の準備を通して人生の輝かせ方を教える終活の専門家

ファクトチェックの考え方とは?氾濫する情報の中に埋もれる現代人は、何を判断材料にすればいい?

情報の海の中から正しいものだけを読み取り、思い込みによる誤った判断を回避するために、日頃から私たちは何を心掛けるべきでしょうか。研究開発プロデューサーの中喜隆さんに聞きました。

中喜隆

中喜隆さん

日本の研究開発を効率的にアップデートする専門家

SDGsにもつながる「サーキュラー・エコノミー」とは? 中小企業の取り組み事例からビジネスチャンスを知る

今、期待されているサーキュラー・エコノミーの考え方とはどのようなものなのでしょうか。国内の取り組み事例をはじめ、今後の展望と課題について、中小企業診断士の岡本洋平さんに聞きました。

岡本洋平

岡本洋平さん

中小企業経営者のお悩みをワンストップで解決する経営支援のプロ

創業90年3代目ハンコ屋が『脱ハンコ騒動』から観る時代の転換点

本記事では、創業90年のハンコ屋店主による、コロナ禍で進むデジタル化での『脱ハンコ騒動』について詳しく記載されています。

小林仁

小林仁さん

「物語」のある商品でお客さまの背中を押す印鑑と認定証作りのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す