マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. かさばる冬の衣服の賢い収納法

かさばる冬の衣服の賢い収納法

カテゴリ:
くらし

衣類をコンパクトにして収納量をアップ

かさばる冬の衣服の賢い収納法

冬のバーゲンが終わり、洋服屋にもトレンドカラーの春物洋服が並び始めました。そろそろ衣替えの時期です。春物・夏物の服を出したのは良いものの、今まで着ていた冬物をどこに片づけようかと悩む人も少なくないのではないでしょうか。冬物を出す前は確かに収納されていたはずなのに、どこに片づけていたのかさえも忘れてしまっている。また、新たに買ったものも増え、収納スペースを圧迫してしまうこともあるでしょう。

どの家でも収納スペースは限られています。それならば、入れる衣類をコンパクトにして、収納できる量を増やすことを考えましょう。

ニット製品やTシャツ、フリースは圧縮袋を使ってコンパクトに

ニット製品やTシャツ、フリースなど、伸びやすく、型崩れしやすい素材の衣服は、ハンガー収納には不向きです。圧縮袋を使ってコンパクトにまとめてしまいましょう。圧縮袋はさまざまな大きさが出回っていますので、お手持ちの洋服に合わせて購入してください。手で空気を抜くタイプもありますが、時間が経つと膨張してしまうことがあるので、掃除機を使うタイプがオススメです。大判のウール等のストールや厚手の靴下類も、圧縮袋を使うと便利です。汚れはきちんと落としてから片づけることを忘れずに。来シーズン、また着用する時期が来る頃には、前もって圧縮袋から出して、一度洗い直したり、素材によってはシワを伸ばしたりすることが必要です。

ダウンはクローゼットに吊るすと空気を含んで膨張

ダウンジャケットやコートなどは、クローゼットに吊るしている人も多いでしょう。しかし、果たして一年のうち、これらを着用する期間は1/3あるでしょうか。もし、クローゼットが家族全員分の衣服をオールシーズン衣替えしなくても良いくらい広ければ、吊るしておいても良いと思いますが、それは難しいでしょう。

よって、場所を取るダウンはコンパクトにしましょう。ダウンは、吊るしておくと空気を含んで、さらに膨らんでしまいます。畳んで棚に収納するか、引出しに入れる方が良いでしょう。リボンや紐などでしばっておくと、膨張するのを防ぐことができます。棚に収納する場合、ホコリが気になる場合は布等をかけておくと良いです。そして、不織布等の袋に丸めて入れて収納すると、さらにコンパクトになります。袋に入れてしまうと、中に何を入れていたかわからなくなってしまうという場合には、ダウンを丸めてマジックテープや不要なストッキングなどで縛る方法もあります。クリーニングから戻ってきた時のビニールカバーは外すように。ビニールをかけたままだと、梅雨や冬の時期は、湿気を含んでしまうことがあります。

また、スーツやワンピースなど、シワが付きやすいものはハンガー収納がオススメです。ハンガーは、洋服の型に合ったものを選んでください。クローゼットの中は詰め込みすぎず、空気が流れるように余裕をもった収納にしましょう。

かさばる冬の衣服をすっきり収納して、身も心も軽やかに春を迎えてください。

宮崎佐智子

「片付かない!」の根本から取組む整理収納のプロ

宮崎佐智子さん(ライフスタイルコーディネート ソートフル)

Share

関連するその他の記事

シニアの「家じまい」、終活で快適なセカンドライフを送るために大切なこととは?

リタイア後の身辺整理の際に、「家じまい」を選択することを終活のひとつにする人も。老後の家じまいについて、いつ頃から考えておくべきでしょうか。ファイナンシャルプランナーの土田茂さんに聞きました。

土田茂

土田茂さん

独立系ファイナンシャルプランナー!家族の人生設計を支えるプロ

キャッシュレス決済の種類、ポイント還元のメリットは?迷える中高年に向けて仕組などを解説!

アプリによるQRコード決済が飛躍的に進み、スーパーやコンビニだけでなく、キャッシュレス決済対応の店舗が急速に増えています。セキュリティーの問題など、デメリットも含めた上での利用方法、使いこなす際の注意点などを、ファイナンシャルプランナーの平原憲治さんに聞きました。

平原憲治

平原憲治さん

顧客の性格に合わせた提案が得意なファイナンシャルプランナー

M1グランプリのミルクボーイでも話題。「人を傷つけない笑い」を実践する方法

M-1グランプリで注目が集まった「人を傷つけない笑い」は、プロの芸人のような巧みな話術がなくても誰でも実践することができます。職場や地域で生かせるる「人を傷つけない笑い」の作り方を解説します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

食とエネルギーの自給自足を可能にする「農業の未来の形ソーラーシェアリング」とは

日本の就農人口は増えつつあるとともに農業のあり方が変わりつつあります。地産地消の未来を築く未来型農業について解説します。

生津賢也

生津賢也さん

経営及び事業戦略構築のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す