マイベストプロ千葉
  1. 英検1級道場-社会人の元受講者から体験記が届きました-その④ 国連英検A級合格までの道 2/2

コラム

英検1級道場-社会人の元受講者から体験記が届きました-その④ 国連英検A級合格までの道 2/2

2020年6月30日 公開 / 2020年7月13日更新

テーマ:受講生の奮闘と悩み

コラムカテゴリ:スクール・習い事




英語学習の歩み
2020年6月28日
作成:河村 優


2019年10月まで勉強を続け、ついに10月末試験を名古屋の地下鉄東山線の藤が丘駅の近くにある「サンプラザシーズンズ」の会場にて受けました。部屋は思っていたより相当狭く、ざっと見て受験者は相当少ないのだろうと判断しました。

試験開始直前の人数はたった6人と私が今まで受けてきた実用英検や1回でうけたことのあるTOEICよりずっと少なかったです。ちなみにA級の試験は午前中に行われます。

試験が始まり、最初の国連知識は問題なく全問解答、長文問題は少しの緊張からか、過去問より難しく感じました。それゆえに読むスピードも鈍りました。文法の誤りを指摘する問題は先に紹介した「グローバルエキスパートを目指す 上級時事英文法」より簡単で、自信をもって選択肢を選べました。

英作文は自分はアウトラインを練ることを含めて30分くらいかかるので、リーディングは90分で終える必要があります。実際は速読のトレーニングをしていたため英作文が完成した後、20分余りました。英作文のテーマは「国連が男女平等に関してどうして一歩前に踏み出してるか」でした。申し訳ございません、どのような内容を書いたかは忘れてしまいましたので、ここでは省略させてください。

国連英検も問題用紙の持ち帰りができ、かつ解答速報が国連協会のホームページで公開されるため、リーディングの自己採点ができます。リーディングは66点とA級の合格ラインである65点を超えていたためと英作文も規定語数きちんと書いたため、特別高くはないかもしれないけれども、及第点をいただけると信じ、2次試験の対策を始めました。

ここでまた、山中先生に短期間ではありましたがお世話になりました。山中先生は国連英検特A級の面接をほぼ満点で通過されているため、自分では面接の雰囲気が読めず、オンラインでレッスンを受けることになりました。同時にレアジョブも活用しました。英作文のテーマと自分の答案について話をすると、ピンポイントではないが、外してもいないといわれ、安心しました。

最初のころは日本語で改めて国連組織の概略と常任理事国のことを教わりました。国連英検では実用英検の面接とは異なり、多少英語で地名等の固有名詞を知っておく必要があるため、固有名詞の発音を学べるアプリはないか相談しました。すると、すぐに使いやすいアプリを紹介してくださりました。これにより勉強が大きくはかどりました。

 1次試験の結果が試験から1か月後に封書で届きました。自分の手ごたえ通り合格でした。
点数は77点/100点、合格点は67点でした。ちなみに英作文は12点/20点で、平均点くらいでした。もう少し国連のことについて具体的にしっかり述べないと高得点をとれないのだと思いました。山中先生からもお褒めの言葉をいただきましたが、英作文をもう少し頑張ろうかと課題提起されました。

合否がわかってからは2次試験まで2週間しかなく、山中先生はアメリカに用事があり旅行に出かけるということだったので、予約できるレッスンはすべて予約し、2次面接に備えました。

4回から5回ほど模擬面接をしてくださり(山中先生、回数違っていたらすみません)、受かるだろうとお墨付きをいただきました。

面接はスーツを着て臨みました。会場は地下鉄鶴舞線平針駅の近くにある「名東学院」という学習塾でした。高校生や中学生が普通に自習室を使っている中で、面接の順番を待ちました。1次試験会場には6人いましたが、面接まで進めたのは私が知る限り3人でした。

試験の前に、家族構成や愛読書、尊敬する人物、趣味、関心ごとなどを書く紙が渡され、順番が回ってくるまで記入していました。この紙に書かれていることすべて記入する必要はありません。書いた量によって合否が左右されるわけでもありません。

関心ごとに、Eスポーツ、愛読書に2003年にサラリーマンで初めてノーベル賞を受賞された
田中耕一さんが書いた「人生最高の失敗」について書いたところ、質問が及びました。Eスポーツについてはテレビゲームの一種で…と続けようとしたところとっさに話題を変えられ、田中耕一さんの本に話題が移りました。

田中さんの発明は従来できなかったタンパク質をレーザでイオン化させ、タンパク質が電極間を動く速さの違いにより、タンパク質の種類を特定する技術を発明したことです。従来はレーザを当てると、タンパク質が壊れてしまったのですが、ひょんな偶然でレーザで当てても壊れない触媒を発見したことです。田中さんの所属する島津製作所によると、これをマトリックスと呼んでるそうです。

そのことを英語で説明しようとしてCatalyst(触媒)という単語を使おうとしたのですが出てこず、しどろもどろになりました。これは大きく減点されたなと思いましたが、ここはまだウォーミングアップだったので、肝心の国連の活動に関する話で挽回しようと思いました。

 世界の諸問題について関心のある事、国連の課題及び問題提起や山中先生とのレッスンで行った常任理事国の対象国拡大の是非等聞かれましたが、卒なく回答できました。特に常任理事国の拡大については、すべきでないと答え、山中先生のアイデアを借用して回答したところ、試験官が「Strong argument!」とコメントされました。これは行けたと思いました。山中先生、本当にありがとうございます。

最後に面食らったのは、総会の審議方式について聞かれたことでした。この時、「わかりやすい国連の活動と世界」の内容が聞かれていることに気づき、1次試験のためだけではないのだと思い、うろたえました。

そこで、「考えを整理させてください」と試験官に伝え、1分ほど時間をもらいました。予算や国連加盟の是非の判断方法、および総会の下にある下部組織との関連について話し、試験を終えました。最後に試験官からは「緊張してる?」と聞かれ、「こういった込み入った話をすると緊張します。」と答えたら、笑って見えました。

国連のことは卒なく答えて試験官も納得しいていたようだし、しかし田中さんの発明に関する説明が破たんしていたことを考えると、明確に受かったとはいいがたかったです。結果は2020年の1月中旬に郵送されます。

結果発表日、家に帰って郵便ポストを見てみると封筒が入っていました。封筒を触ると何やら厚みがある。インターネットのブログによると不合格だったら紙切れ一枚だけとあったので、これはもしや合格したのかと思い、開封しました。

全体の評価は8点/10点と合格点である7点より高く、合格カードが入っていました。山中先生にもそのことをメールで伝えたところ、電話をかけてきてくださったのですが、家事をしていたため電話に出られませんでした。ごめんなさい。次は特A級を目指してとメッセージが代わりに入っていました。

ここから先は、現在取り組んでいる特A級の勉強状況について記します。横井さんにもA級に合格したことを伝え、次に特A級を目指すにあたり、Time等を読んで20,000語レベルまで語彙力を上げる対策が必要だと伝えたところ、準備を先に考えるのではなく、まず特A級の過去問を買って、現状の自分の立ち位置及び弱点を見極める、それから対策だとアドバイスされました。

アドバイス通り特A級の過去問を1冊買って、1セットのみ実施したところすでに合格点に達していました。自分の課題は英語力にあるのではなく、世界情勢をかかさずチェックすることにあることに気づきました。横井さん、アドバイスありがとうございました。

2020年6月中旬の日曜日にポストを見てみると、国連協会から封書が届いていました。何かなと思いあけてみると、驚いたことに国連英検作問委員会が私に国際連合協会会長賞を授与するとの手紙が入っていました。

本来は「つどいの夕べ」という集まりに招待され、日本の国連大使が国連が現在直面している課題や成功事例についての基調講演を聞き、国連英検だけではなく中高生対象の模擬国連の活動に関する授賞式そして立食パーティが東京のホテルニューオータニで開かれるはずだったのですが、皆さんご存知の通り、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、中止になり8月に表彰状のみが送られてくるそうです。

3.謝辞
最後に、両親、公私ともに応援・支えてくれた会社の友人、「Englishコーチン」英会話サークルで話し相手になってくれた諸先輩方、「名古屋英語道場」のメンバーと横井さん、最後に短期間にも拘わらず合格だけでなく成績優秀者へと導いてくださった山中先生にこの場を借りて厚くお礼を申し上げます。

両親にも会長賞をいただくことになったことを伝えると、「名古屋地区での枠か?」と聞かれ、「いや、全国だと思う」と答えると、意外そうなリアクションをされました。横井さんも同じリアクションをされました。

また、この学習の歩みを最後まで読んでくださった熱心な山中先生のブログの読者の方にもお礼申し上げます。
 
追伸:特A級は2020年10月に一度受験します。

今回の投稿は4回に分けて掲載しています
https://mbp-japan.com/chiba/eiken/column/5059158/☚その④ 国連英検A級合格まで2/2
https://mbp-japan.com/chiba/eiken/column/5059156/☚その③ 国連英検A級合格まで1/2
https://mbp-japan.com/chiba/eiken/column/5058897/☚その② 英検1級合格まで
https://mbp-japan.com/chiba/eiken/column/5058652/☚その① 英検準1級合格まで

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(英検一級道場)

Share

関連するコラム