まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(やまなかのぼる)

英検一級道場

コラム

英検1級道場-2016-2英検1級に申し込みました 27回目の合格を目指して

その他、番外

2016年8月2日 / 2018年8月11日更新



71連敗中の元受講生からメールがあり、初めて、「1次試験免除」で1級受験を申し込んだそうです
6/12の1次試験で合格したものの、2次試験であと一歩手が届かなったので、雪辱戦です

私も、オンラインで申し込みました
1次は46回目、2次は27回目の合格を目指します
これまでは、仕事で忙しいときはそちらを優先し、2次試験をすっとばし、その次からは1次免除を申請することなく、1次から受けなおしてきました

リニューアルになった今回(7/10に2次試験実施)は、試験の変化を自分で体験しておこうと、仕事をキャンセルして2次試験を受けました

質疑応答はそこそこにできたのですが、スピーチが時間管理できずに終わり、反省しきりです
発音は8/10で予想より良かったのですが、幼児の頃からインターナショナルスクールで勉強している受講者でも9/10ですから、まあ、そんなものでしょう

2次も含めた最終結果は、CSEが2900に届かず、偉そうに教えているにもかかわらず、恥ずかしい思いでいっぱいです
秋までに英作文とスピーキングを鍛えなおし、2016-2はCSEで3100を超えることを目標にしました
作戦も立て、実行し始めました

特別な方法はありません
小学生がやっている(自分もやってきた)ことをやるのです

それは、お手本を丸暗記することです
英作文でも、スピーチでも、基本例文、フレーズをしっかりと丸暗記し、そのうえで、独自性を出すのです
正しくは、基本パターンを身に着けないと独自性は出せないということです

習字でも、スポーツでも一緒です
先生について、基本的な型をまねることから始めてきたはずです
習字は、トレーシングペーパーの上から、お手本の字をなぞったはずです

私も、小学生に戻ったつもりで、それをやり(直し)始めました

質の高い英語会話サークルにも参加し始めました
1人の生徒として参加し、先生と参加者から学ぶのですが、私にとっての「出直し」です

こうすることで、私がパワーアップし、もっといいレッスンができるようになると思います
私自身が生徒であり、先生でもあります

英検1級を教える先生は多数いると思いますが、私は、その中の誰よりも、体験によって英検を知っており、自分の足らなさも自覚している謙虚な先生でありたいと願っています

こんな頼りない私でもいいから習いたいという人がいれば声をかけてください
しっかりとサポートします(一緒に勉強しましょう)
hf9n-ymnk@asahi-net.or.jp

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

山中昇(やまなかのぼる)

山中昇プロのその他のコンテンツ

Share