まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(やまなかのぼる)

英検一級道場

コラム

英検1級道場-ジャパンタイムズ記事を読んで、その⑨ 受講者以外からの投稿です

その他、番外

2016年8月2日 / 2018年10月19日更新



過日のジャパンタイムズに掲載された英検に関する記事について、感想をのべます。

記事タイトル:Is the Eiken doing Japan's English learners more harm than good?
当該タイトルへの私の回答はNoです。理由は以下の3点です。

1)英検の受験を通じて、自分自身の英語力の現状把握ができました。

2)Life-long English Learner でありたいと考えていますので、自分の英語力について4分野の優先順位や、細かいゴール設定・短期から長期にわたる具体的なプランを決める指針が見つかりました。

3)「教養の強化」「世界や社会を問題意識を持って見つめ、自分の考えをまとめ英語で表現すること」が、日頃の自分には怠りがちであったことを反省。TOEIC試験受験では、この気づきを得られません。

記者は英検の細部について、様々な「ここがおかしい」を指摘をしており、私も賛同する点はいくつかありますが、今回の受験を通じて上記3つの理由が勝り、英検1級受験は私にとっては害ではありませんでした。

主観的評価がなされる一次試験のエッセイや二次のインタビューの評価方法や結果については、納得できることもできないこともありますが、提示された評価に対して冷静になることも大切と認識しました。

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

山中昇(やまなかのぼる)

山中昇プロのその他のコンテンツ

Share