まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
早川弘太

漢方と健康相談のプロ

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

コラム

花粉症?花粉症に似た症状にご注意を!

2011年2月19日 / 2014年10月10日更新


「血管運動性鼻炎」という症状をご存知でしょうか?

温度差の激しい早朝に咳き込んだり、鼻水がたくさん出たりすること。

また、冬の暖かい部屋から外に出たとき、入ったときや夏にクーラーのきいた部屋に出たり、入ったりしたとき。

もっともわかりやすいのは、あたたかい食事をとったとき急にカラダが温められて水っぽい鼻水や、クシャミが出た経験はないですか?

まるでアレルギーのような症状ですよね。

こうした症状はアレルギーのような症状ながらアレルギー反応がまったく関係していない「血管運動性鼻炎」が考えられます。

花粉症などのアレルギー症状と、この血管運動性鼻炎は間違えられることがよくあります。

私も、冬の屋外などで、温かい食べ物を食べて、鼻水を垂らした経験が多々ありますし、ラーメン屋さんに入ってラーメンをすすると同時に、鼻水をすする、なんて経験がある方も覆いと思います。

鼻炎の症状と血管の収縮・血行不良は大変なかかわりがあることは皆さんも御存知だと思います。

鼻づまりは鼻粘膜のうっ血が原因の一つです。オフロに入ってカラダが温まり、鼻粘膜の血行がよくなると鼻づまりが取れる、そんな経験をした方も多くいらっしゃると思います。

実は鼻炎も奥が深いのです。

新薬による治療では原因は関係なく抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤での治療になりますが、漢方や中医学では普通のアレルギー症状とは異なった対処法を致します。

当店では、花粉症のお客様に必ず「血行促進」「粘膜強化」「体力強化」をおすすめしているのは、このあたりが理由でもあります。

人間のカラダは本当に不思議ですね。

この記事を書いたプロ

早川弘太

早川弘太(はやかわこうた)

早川弘太プロのその他のコンテンツ

Share

早川弘太プロのその他のコンテンツ