まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
内田朱美

色の力で人と社会を救うカラーセラピーコンサルタント

内田朱美(うちだあけみ)

カラールーム Enchante(アンシャンテ)

コラム

【ストレスを軽減するカラーセラピー】武蔵野市こころの健康支援事業での講演

講演

2015年3月11日 / 2018年10月1日更新

2015年3月7日(土)
武蔵野市こころの健康支援事業
「こころの声を聴いてみよう」
~ストレスを軽減するカラーセラピー~


雨の降る寒い中
武蔵境からほど近い武蔵野プレイス(4階フォーラム)にて
掲題のテーマでカラーセラピーの講演を
勤めさせて頂きました。


50名の定員の予定が
直前の参加申し込みもあって70名ほどだったでしょうか。
前日の段階で60名様とのご連絡を頂いていましたが
さらに増えて満員御礼状態でした。
朝日新聞マリオンにも掲載頂きました。

また、武蔵野プレイス(武蔵境駅すぐ)の会場掲示板をご覧になって
急に参加決意された方もいらしたのには
スタッフと共に嬉しくもびっくりでした。

開始間際にどんどん椅子を入れているのに
どうしたのか?と思っていましたが
感動的な経験をさせて頂きました。

お手伝いのボランティアさん達がいらしゃったったのですが
急な参加者さんのレジメのコピーに走ってくださったとのこと
ありがたかったですね。
感謝と喜びで一杯です。

今回は自殺対策講座・・ということで
カラーセラピストとして何ができるのか?
どんな落としどころが適切なのか?
約半年間、私なりに自問自答して参りました。

「自己認識⇒自己受容⇒自己成長」
このテーマでTCカラーセラピーを取り入れたことは
大正解だったと思いますが

「自己理解が他者理解に繋がる」
これについては、なかなかハードルが高かったでしょうか?

こころの苦しみを抱えている方には
「自己理解」とは、「自己一致」ということなのかもしれません。
私はどうい人なのか?
私は何者なのか?

他のカラーツールを使ってのレクチャーなら
方法もいろいろあったか?と思いますが

70名の皆さまに同時に理解して頂くことはなかなか難しいもの。
それでも、参加者一人一人が自問自答し
自分に向き合う良いチャンスになったのではと自負しております。

またどこかでお会いできればと
楽しみにしています。

それにしても、あっという間の2時間
終了後の質問の列は、夕方5時くらいまで続きました。

皆様の熱意に脱帽
そして、興味をもっている方との出逢いは
私にとっても幸せでした。

またスキルアップ講座ができるのであれば
自己理解と他者理解について
カラータイプメソッドも使って、もう少し具体的に読み解いていく講座を
させて頂きたいと考えています。

また皆様とお会いできることを楽しみにしています。

この記事を書いたプロ

内田朱美

内田朱美(うちだあけみ)

内田朱美プロのその他のコンテンツ

Share

内田朱美のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-10-17
facebook
Facebook