マイベストプロ東京
  1. ◆残された財産が多額の金融資産なのに、相続税を支払うことができない!◆~相続対策~
山口里美

相続で人の心と未来をつなぐサービスマインドの司法書士

山口里美(やまぐちさとみ) / 司法書士

司法書士法人コスモ

コラム

◆残された財産が多額の金融資産なのに、相続税を支払うことができない!◆~相続対策~

2020年2月27日

テーマ:相続対策

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 相続 手続き相続対策遺言書 作成

おはようございます。
司法書士 行政書士 シニアライフカウンセラー 山口里美です。

メディアの放送を見ているだけで、コロナウイルスン感染しそうです。
この、「迫り来るパンデミック」を総出で回避しなければなりませんね。

先日、お客様から、
「遺産のほとんどが現金であるのに、相続税を払うことができない」
というご相談をいただきました。

残されたい財産が「不動産だけ」であれば、
分け方が難しく、揉めてしまうのも理解できますね。

ところが、この事例のように、金融資産が多くても、
被相続人が「遺言を作っていない」ことがネックとなることがあります。

改正された相続法の仮払い制度により
最大150万円までの金銭を、被相続人の口座から引き出すことは可能です。
法定相続で話がまとまらない場合、
遺言がない場合は相続人で「遺産分割の協議」を行いますが、
この協議が整わないまま、相続税の申告期限である10か月を迎えてしまうケースがあるのです。
話がまとまらなくても納税は必要ですので、
「未分割申告」として、法定相続分で相続したものとして仮定して納税する必要があります。

結局は、協議が整うまで亡くなった方名義の預貯金を申告に充てることはできず、
相続人が立て替えることとなります。
協議が整わず、調停へ、裁判へと長引いたら・・・。

「せめて、遺言書を残してくれていたら」
自分亡き後、愛する家族にそのようなことを言われないためにも、
「自分の意思を次世代に残す」遺言書の作成が必要です。

そのほかにも、自分の意思を相続人への生命保険として残される方法もありますね。

ご心配な方は、お気軽にご相談ください。


皆様も、佳き一日をお過ごし下さい。





・・・■おかげさまで18年連続で監修書が発売されました!

    「わかりやすい相続税・贈与税と相続対策'19~’20」(成美堂出版様) ・・■■

書籍はこちらからもご購入いただけます

https://www.amazon.co.jp/dp/441532701X





◆お陰様で、NHKニュース「シブ5時」で取り上げて頂き、カテゴリー別NO1に!


こちらからご購入いただけます!
  ↓ ↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4539725645


■■・・・・シニアのための無料相談サロン・・・・■■

  「リレーションサロン」お気軽にお立ち寄りください!

    

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


お問い合わせはこちら!

東京駅八重洲南口徒歩3分!
司法書士 山口里美へのお問い合わせはこちら。
  ↓
http://mbp-tokyo.com/cosmo/detail/

電話03-6703-0044(受付08:50~17:50)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナーに関するお問い合わせ、
司法書士法人コスモグループについてはこちら。
http://www.cos-mo.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

相続専門サイト
https://www.souzoku-cosmo.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Facebookページはこちら☆
http://www.facebook.com/satomi.yamaguchi.357

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お気軽にメールをくださいね!
yamaguchis@cos-mo.jp

この記事を書いたプロ

山口里美

相続で人の心と未来をつなぐサービスマインドの司法書士

山口里美(司法書士法人コスモ)

Share

関連するコラム

山口里美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-6703-0044

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山口里美

司法書士法人コスモ

担当山口里美(やまぐちさとみ)

地図・アクセス

山口里美のソーシャルメディア

facebook
Facebook