まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
清水小百里

さいたまで信頼を第一に、成婚に導く仲人 カウンセラー

清水小百里(しみずさゆり)

全国結婚情報サービス協会 株式会社KMA

お電話での
お問い合わせ
0120-978-679

コラム

お見合い婚活パーティーで印象の良い話し方

お見合い婚活パーティー

2016年2月10日 / 2018年8月14日更新



婚活パーティーなど話をはずませるには、相手を「ほめる」「あいづちをうつ」「相手を否定しない」ということが基本です。

話の最後に相手が回答しやすいような2択の質問をいれておくことは、会話を広げていく効果的な話し方です。
相手に興味があることをアピールする話し方で自分を印象づけるようにしましょう。

お見合い婚活パーティーで話をはずませる基本的な話し方

話を聞いてもらって嫌な気分になる人は少ないはずです。

そして、ただ聞いているだけではなく、「なるほど」「そうなんですね」「うんうん」などのあいづちを適度にうちながら、相手にたくさん話してもらいます。その中で、自分が話を広げることができそうな話題があれば質問したり、意見を言ってみたりしてみましょう。会話というよりインタビューしている感じですね。
ただし、「でも」や「だけど」など、相手の話を否定する言葉はNGです。自分を否定されたように感じてしまいます。

また、さりげなくほめることも忘れずに。わざとらしくならないよう、まずは、服装や持ち物をほめてみましょう。「素敵なネクタイですね」「いい色のカーディガンですね」など、気づいたところをほめることで話のきっかけにもなります。
「ありがとうございます。この色が好きなんです」など徐々に会話が広がり、自然に楽しい時間を過ごせるようになります。

印象良く会話を広げる話し方

一つの話題があっさり終わってしまうと、どうして良いかわからなくなってしまうことも多いでしょう。印象良く会話を広げていくには、最後に質問をいれてみてください。

例えば、映画が趣味という話なら「自分も映画はよく見ます。邦画ですか?洋画ですか?」、動物が好きという話なら「犬派ですか?猫派ですか?」というように、相手が選びやすい質問をいれるとスムーズに答えが返ってきて、さらに話題を広げていくことができます。

質問されることで「話をちゃんと聞いてくれている」「自分に興味を持ってくれている」という安心感にもつながります。

相手の話を受けとめる姿勢を忘れずに、「ほめる」「あいづちをうつ」「相手を否定しない」、この3つを心掛けてみましょう。

婚活などで印象づける効果的な話し方

パーティーなどでは楽しく会話を盛り上げるほか、相手に印象づける話し方も心得ておきましょう。

女性であれば、「フリータイムでお話できてうれしかった」「もっとお話ししたい」など、相手に興味を持っていることをアピールすることが大事です。

男性であれば、「ずっとお話ししたいと思っていたので、お話できて良かった」「もしよろしければ、またお食事でもいかがですか?」といった言葉を添えるのも良いでしょう。
話しかける際に「ちょっとよろしいですか?」と確認することや、最後に「ありがとうございました」などのお礼も好印象を与えます。

好印象で会話がはずむ、お見合い婚活パーティーでのプロフィールカードの書き方
お見合い婚活パーティーでモテる女性の特徴
お見合い婚活パーティーでモテる男性の特徴と法則

よくあるご質問はこちら よくある質問|埼玉県さいたま市で結婚相談所・婚活ならKMAへ
無料相談ご来店予約はこちら 無料相談ご来店・予約システム(いつあき・ITSUAKI)
お問い合わせ・資料請求は こちらから

信頼できる結婚相談所をお探しの方は、ぜひホームページもご覧ください。
全国結婚情報サービス協会のKMA

この記事を書いたプロ

清水小百里

清水小百里(しみずさゆり)

清水小百里プロのその他のコンテンツ

Share