まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
中島孝

住宅ローン滞納・競売の悩みを解決に導く不動産仲介者

中島孝(なかじまたかし)

ハウスパートナー株式会社

お電話での
お問い合わせ
0120-720-535

コラム

任意売却で、税金(住民税・固定資産税等)の滞納問題を有利に解決

任意売却専門のノウハウを公開

2016年9月8日 / 2018年8月10日更新

【固定資産税・住民税等の滞納―減額交渉の成功例(埼玉県O市の実例)】

約80万円の減額に成功

固定資産税や住民税・国民健康保険等の滞納により、差押登記が設定されていると、”任意売却はできない。”と判断をしてしまう方がいらっしゃいますが、その判断は間違いです。

差押登記・滞納があっても、任意売却は可能

差押登記が設定されていても、任意売却は可能です。さらに、自治体と交渉することで、滞納金額を大幅に減額することが可能となります。

固定資産税、国民健康保険、住民税を滞納すると、まず、督促状が届きます。それでも、支払わない場合には、資産を差し押さえられてしまいます。ここで、差押さえの資産とは、不動産・給与振込先の銀行口座などが一般的です。銀行口座が差し押さえになると、口座にあるはずの預金がない訳ですから、日常の生活に支障をきたしかねません。


固定資産税・住民税等、滞納分の減額交渉結果

【当初の滞納残高】
総合計 1,067,500円= ( 滞納額計 501,400円) + (延滞金計 566,100円)



任意売却と減免交渉の結果

任意売却で、差押登記抹消費用として、300,000円の受領(配分)に成功
自治体との減免交渉で、延滞金1,067,500円 → 501,400円 に成功
最終トータルとして 1,067,500円 → 201,400円 約800,000円の減額に成功

滞納問題をそのまま放置すると

税金などの滞納分は、自己破産などしても免責されることなく、仮にその自治体から転居しても、支払いは継続します。
また、近年は、自治体の取り立てが一層厳しく、勤務先からの給与の差押をする傾向にあります。
(給与は、支給額の1/4まで差押が可能です)

受ける可能性がありますので、今回の例のように、約80万円の減額は、今後の生活を楽にスタートすることが可能となります。 *減額交渉は、自治体や延滞内容により異なります。

このように、税金の減額交渉が可能となることは、任意売却のメリットです。
任意売却専門の不動産会社だから、蓄積されたノウハウ・経験・実績があるからこそ、有利に解決できるのです!



埼玉県で、住宅ローンの滞納や不動産競売でお悩みの方は、任意売却専門の不動産会社であるハウスパートナー株式会社に、ご相談・お問い合わせ下さい。
お客様の信頼頂けるパートナーとして、解決策をご提案します。
ハウスパートナー株式会社 代表取締役 中島孝

お客様からの声一覧

この記事を書いたプロ

中島孝

中島孝(なかじまたかし)

中島孝プロのその他のコンテンツ

Share

中島孝プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-720-535

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中島孝

ハウスパートナー株式会社

担当中島孝(なかじまたかし)

地図・アクセス

中島孝のソーシャルメディア

twitter
twitter
2018-08-14
facebook
facebook

中島孝プロのその他のコンテンツ