マイベストプロ大阪
白石光彦

健康相談ができる漢方薬店や漢方スクールを営む漢方の専門家

白石光彦(しらいしみつひこ) / 漢方薬剤師

KAMPO煎専堂 光る堂薬店(株式会社 光る堂)

お電話での
お問い合わせ
06-4395-5581

コラム

『漢方で薄毛が治る!』漢方 大阪 難波 光る堂

2021年10月7日

テーマ:漢方養生法

コラムカテゴリ:美容・健康

コラムキーワード: 東洋医学漢方薬 効果かつら 白髪

【みっちー先生公式Line】
免疫アップの簡単な方法の動画をプレゼント!登録してネ!
https://lin.ee/aXYyo2t




みなさん、こんにちは!漢方薬剤師の白石光彦です。

さて、今日は薄毛についてお話したいと思います。

薄毛と言えばアンチエイジングにとっても大敵です。

髪がフサフサでお肌もそこそこキレイなら、それだけで十分若く見えます。

それほど髪はアンチエイジングにとって重要なポイントなのです。


だからみなさん薄毛には気をつけているはずなんですが、なかなかうまくいかない人
もいるのが現状です。

しかも最近では女性の薄毛も増えてきています。

そこで本日のテーマは

「あなたの薄毛が治らないのは〇〇を知らないから」

〇〇を知りたい人は最後までご覧くださいね。

そういうわけでこの番組は漢方を中心にいつまでも若く元気で美しくいるだめの情報
をどんどんアップしています。ご興味のある方はぜひチャンネル登録もよろしくお願
いします!


実は私も薄毛でした。

10年前の写真です。
額のとことかやばいですね。実は頭頂部がもっとひどい状態でした。



10年後の現在はどうですか?今の方が髪は多くないですか?

もともと私はやわらかい猫毛で薄くなりやすいのですが、還暦を前にした今でも十分
にあるというか、むしろ10年前より増えています。

今日はその秘密をお話しますね。


では結論から申しましょう。

勘のいい人はもう気づいているかも知れませんね。

そうです。あなたの薄毛が治らないのは、それは漢方を知らないからです。

実は漢方には薄毛に対する対処法もちゃんと用意されているのです。

昔の人も薄毛には悩んでいたのかも知れませんね。


ではそれをお話する前に、まずは一般的な薄毛の原因と対策についてお話しましょ
う。

①男性ホルモン
一般的に男性ホルモンはひげや胸毛などの毛を濃くするように作用しますが、前頭部
や頭頂部においては毛が短く薄くなります。いわゆるAGA(男性型脱毛症)のことで
遺伝的要因が大きいと言われています。⇒ AGA治療薬

②皮脂の分泌過剰
過度な皮脂は髪や頭皮に適度な潤いを与えたり、頭皮や毛穴を保護してくれる役割を
持ちますが、多すぎると皮脂と汗が混ざり合って毛穴を塞ぎ、髪が抜けやすい状態に
なります。これはスカルプケアですね。⇒ シャンプー・育毛剤・頭皮マッサージ

③ストレス
ストレスは自律神経やホルモンのバランスを乱し、血流が悪化。毛根に栄養分を十分
運べなくなり、髪の毛が育たなくなります。⇒ ストレス解消法

④血行不良
偏った食事や睡眠不足などの不摂生、過度なダイエットも髪に栄養が行き渡りにくく
なります。毛細血管の血流を悪くするタバコや鎮痛剤など一部の医薬品も薄毛の原因
となります。⇒ 食事のバランス・サプリメント


そういうわけでみなさんがんばって薄毛対策しておられます。

もちろん①~④までとても大切なことですし、AGAなんかはかなり効果があるので男
性型脱毛症の方はぜひ取り入れてもらいたいのですが、それでもですよ。それでもう
まくいかない人、あるいは今でも効果があるんだけどさらに効果を上げたい人は、ぜ
ひ漢方を取り入れて欲しいのです。


漢方には、髪にまつわる言葉が2つあります。

「髪は腎の華」と「髪は血の余り」です。

腎の華の腎はアンチエイジングで一番重要な漢方でいう五臓「肝・心・脾・肺・腎」
の腎ね。西洋医学でいう腎臓とはちょっと違って若さを保つ命のエネルギーを蓄え、
成長・発育・生殖・老化を司っているところです。

腎についてもっと知りたい人は別の動画で詳しく説明しているのでそちらもご覧くださいね。



髪は腎の華とは、腎の状態は髪の毛に現れるという意味で、それほど髪と腎は深くつ
ながっているのです。

つまり薄毛とは腎のパワー不足「腎虚」によるものということなのです。

そしてその腎のパワー不足を補うのが「補腎」です。

補腎の方法は食事や生活習慣などいろいろありますが
手っ取り早く効果を上げたいという方には漢方の補腎剤がおすすめです。

補腎剤にもいろいろありますが、薄毛でお悩みの方にご紹介したいのは

「けい玉膏」です。

これは福山雅治さんが飲んでいるとの噂がある知る人ぞ知る漢方の名薬です。ぜひ試していただきたいですね。


次に「髪は血の余り」です。

「血」というのは漢方でいう気血水の「血」のことで、これが不足している「血虚」の状態ってことですね。

ここでいう「血」とは単純に血液って意味じゃなく「栄養」と思ってもらった方が理解しやすいです。

つまり「髪は血の余り」とは体に十分に栄養が足りていて初めて髪に栄養がいくということです。

脳は命を守る方向に働きますのでまずは体の働きを重視します。髪の毛を切っても死にはしないけど体の働きが止まると死にますからね。

これは女性の生理でも同じことが言えますね。無理なダイエットで生理が止まることもありますからね。

ですから漢方の薄毛対策第2弾は

「栄養をしっかり摂れ!」

てことになります。

髪を育てるには栄養が大切なのです。

これは一般的な薄毛対策の④に近いですが、偏食や無理なダイエットで栄養のバランスを崩すと薄毛にもなりやすいということですね。

女性に薄毛が増えている原因の1つはここにあります。

とくにダイエットではカロリーを減らしても栄養はしっかり摂ることを心がけましょう。

難しいようならサプリで補うのもいいですね。

おすすめは牡蠣のサプリ「ワタナベオイスター」やクロレラの「バイオリンク」です。

質のいい天然系のサプリでしっかり血を増やしましょう。


そういうわけで薄毛対策についてお話してきましたが、いかがだったでしょうか?一般的な対策に加えて漢方の知恵を活用すればきっとうまくいくと思いますよ。

ご質問がある方は概要欄にあります公式ラインからお気軽にお問合せください。

また365日、漢方にふれていたいという方はオンラインサロンにお申し込みください。
これも概要欄にリンクを張ってますのでまずはご覧になってから考えてくださいネ。

最後にチャンネル登録や高評価もよろしくね!

それではまたお会いしましょう!See you next!Bye!

この記事を書いたプロ

白石光彦

健康相談ができる漢方薬店や漢方スクールを営む漢方の専門家

白石光彦(KAMPO煎専堂 光る堂薬店(株式会社 光る堂))

Share

関連するコラム