まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
村越真里子

夫婦の問題を解決するプロ

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

お電話での
お問い合わせ
06-6366-1100

コラム

「離婚よ」は誰にお灸をすえることになるか?

離婚回避緊急対策

2017年9月30日

例えば、妻のタイプにより、結婚した時から「もし浮気でもしたら離婚よ」と宣言している人がいます。
これは妻が一歩上から目線のようでいて、実は口ばっかりのタイプです。
本当は夫が万一浮気でもしたら「私、耐えられないわ」の言葉が「浮気したら離婚よ」になるのです。
今、まだ起きてもいない夫の浮気に対して、もしそんな事になったら、耐えられないと想像するほど、夫を愛しているのです。
でも、これから起きるかもしれない不幸に対して、もう今から恐怖心を抱き「許さない」という罰則しか言えない自分に気がついてほしいのです。
素直になろうよ。男性は子供と同じです。
何かしたら、罰を与えるよ、と言うのと、「○○してくれたらママ、嬉しいな」と言うほうが子供はいくらかいい子に育ちます。
貴女は子供を愛しているのでしょ?
だったら何かあれば、罰を与えてやろうと、手ぐすね引いて待ち構えるより、信頼して見守ってあげるというのが子供の育て方です。
でも、貴女はこと夫の事になると、罰を与えるような事しかいえなくなってしまうのです。
それは何故でしょうか?
実は、そんなに上から目線で、強がりしか言えない貴女こそが、誰よりも弱いからです。
結婚するときも、「私を幸せにしてね」と約束をさせたからです。
結婚をするに当たり、妻は自分の持っている過去の色んなトラウマを払拭してくれる存在であるべきと勝手に思っています。
例えば、出身地を後にして夫の元に嫁いだとします。もうそこには、友達もいない孤独な努力を妻が強いられると、妻は孤軍奮闘と考えるのです。そうです「弧」という一人だけ頑張っていると考えてしまうのです。
もうそれは、妻が仕事を止めて、パートで働いたとします。それは妻は自分の仕事を犠牲にして、夫に賭けたという風に自分の中では処理をしています。
でも、そうした事は自分も子供が出来てその生活スタイルに合わせて変化をしていることは、納得の上なのですが、
そこに夫の浮気が加わると、途端に妻は自分の諦めてきた事、努力してきた事を踏みにじられたように感じます。
これは無理ないことですから理解は出来ますが、貴女の結婚の時の「幸せにしてくれるって言ったよね」という夫の
約束破りを責めたくなる気持ちはよくわかります。
でもね、この「幸せにしてくれるって言ったじゃない」という考え方が、要所要所に出てくる人は、実は上から目線のようであり、本当はとても怖がりです。
色々、不幸な状態を想定し、もしこんな事になったら、どうしてくれるの?と、罰則でしか、相手を取り締まれない?という、生活スタイルでいます。
本当は「どうしてくれるの?」というような脅かしではなく、「そんな不幸が起きないようにどうしたらいい?」と
聞くほうがずっと、素直で可愛いのに、上からになってしまします。
こういうタイプの奥様は、実際の夫の浮気が発覚した時に、鬼の首を取ったように「はい、あなた約束を破りましたね」「ハイ、離婚です」と、早くも断言してしまいます。
でもね、これは貴女の本心じゃないはずです。
何故なら、貴女は夫が妻を裏切る事を想像しただけで、もう辛くって耐えられないから、先手必勝で離婚宣言をするのです。
何なら さっさと別居宣言をして子供の手を引いて、実家に帰ってしまう妻もいます。
その別居の本当の目的は「独りになって家族のありがたみを判ればいいわ」と思っても、それで本当のさびしさを感じるのは、どちらでしょうか?
ペナルティーを与えるつもりでも、そのペナルティーは、実は妻に返ってきてしまいます。
「離婚よ」と言えば、夫が反省すると思っても、こと、浮気問題においては夫には離婚よ、は逆効果どころか
離婚は願ったり適ったりになるのです。
夫婦の問題は、色々あります。
家事を手伝わなかったり、お小遣いを沢山使って、生活費を使い込んだり、ギャンブルしたり、親の事で揉めたり、子供の進学の事に無頓着であったり・・・・
こんな問題は、妻に甘えているのです。
だからガツンと言ってやったりして、夫に反省をさせてやればいいのです。
もしかしたら妻が子供の手を引いて、実家に帰るのも効果的かもしれません。
灯りの消えた家に帰り独りポツンとしていたら、妻のありがたさも分かるし、子供のはしゃぐ声が聞こえない事に
寂しさを覚えるでしょう。
こういう事には「離婚よ」も「別居よ」も効果的です。
でも 夫婦の間に起きている問題が浮気問題であれば、今現在はご主人の気持ちは相手女性へ行ってしまっています。
だから、妻が離婚よ・・・と言えば夫は「ラッキー♪」となるでしょうし、「別居よ」と言えば、妻のいない日は外泊が出来るともくろんでしまいます。
つまり、夫に対して妻が思っている「独りになって頭を冷やせばいい」というけれど夫の心の中には浮気相手の女性が居て「独り」じゃないのです。
そういう意味で考えると、離婚よ、と宣言したはずの妻の方が一人になってしまうという事です。
だから、事、浮気問題においては、離婚や別居宣言は、逆効果になると言う事です。
でも、何故、つい宣言をしてしまうのでしょうか?
その基本にあるのは「上から目線方式」という妻のスタイルです。
もっと、その土台にあるのは、「約束という契約」です。
結婚する時に、妻を幸せにすると約束してくれたのに、という拘りです。
しかし、何でも約束という事でしか、人との関係を保てないのは悲しいことです。
例えば、結婚というのもある種の「契約」です。
お互いに、相手を共白髪まで幸せにするという契約が結婚です。
でも、約束は日々、色々破られていくというのも現実です。
また、それがあるから、約束を破られないような日々の努力があるのです。
だから、約束をしたから、それで終わりではなく、その約束を履行するために、
日頃の行いをお互いに正していくのです。
この約束という形に囚われる妻のタイプには、結婚をしてあげたという、おごりの場合もあれば
妻が結婚に際し、何かハードルを越えないといけないと感じた結婚であったりします。
だから、そこまでの犠牲を払って結婚したのに裏切ったということへの「離婚よ」は妻にすれば
ペナルティーを与えるつもりでも、夫には、ペナルティーにはなりません。
何故なら、夫も離婚も悪くないと考えているからです。
ここの構図を解れば、迂闊に離婚宣言なんて出来ないことがわかるでしょう。
夫は妻を幸せにする義務があるというのは、美談ではありますが、その道がそれた途端に「罰則」というのは
如何なものか?と私は思います。
むしろ本当は愛してやまない夫に対して、上から目線の言葉しか言えない夫婦の関係ってどうなんでしょうか?
幸せは人に保証をしてもらうものではありません。
だから、約束を破られたからって、罰則を科すのではなく、約束を破られないような日々の努力を妻もしたかという事に、一度、振り返ってもらいたいのです。
夫と何か夫婦喧嘩をして、懲らしめの意味で、セックスを拒否する妻もいます。
もちろん、家事や育児も手伝わず、夜だけそんな事を求めてきても応じる気がしないと、暫くはお仕置きのつもりで、セックスをお預けするくらいなら、いいです。
でも、そういう事をきっかけにセックスレスになる事もよくあるのです。
だから、何かボタンの掛け違いで、セックスレスになった夫婦がいたら、言って差し上げたい。
「そんな長いこと、セックスをお預けしていたら、他の女性を探し始めますよ」という事です。
その結果、「浮気は約束破りよ」と言ったところで 何の意味もありません。
相手の約束破りばかりを責め、ペナルティーを与える事しか出来ないなら、ご主人に罰則という向き合い方しか出来ないことが、本当の問題なのではないでしょうか?
今日はここまで。

まとめ
[[夫婦修復の大前提と根幹http://mbp-osaka.com/fu-fu-all-ok/column/31334/]]
小心者と臆病者
浮気を止めさせる為のセオリー

この記事を書いたプロ

村越真里子

村越真里子(むらこしまりこ)

村越真里子プロのその他のコンテンツ

Share

村越真里子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6366-1100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村越真里子

Re;婚かうんせらぴー

担当村越真里子(むらこしまりこ)

地図・アクセス