マイベストプロ大阪
村越真里子

夫婦の問題を解決する専門家

村越真里子(むらこしまりこ)

Re;婚かうんせらぴー

コラム一覧:夫婦相性そもそも論

RSS

「男は強い者」と誤解をしてませんか

2020-06-26

女性は・・・と言うか殆どの妻は、男は強い者という誤解をしています。これは私自身の人生を掛けて、また仕事を通しても感じてきた結論です。この「男は強い者」という誤解が、夫婦関係に、色んなちょっかい...

夫は持病と同じ

2020-04-15

「夫は持病と同じ」これには、何のこっちゃと思われたかもしれませんが、おいおい説明していきます私がこの仕事をし始めた時に、一番悩んだのは、「人を変える事は出来ない」という事でした。実は相談に来ら...

私を見つけて下さった方々への御礼

2020-03-10

私は他のカウンセラーと違い、あまり宣伝が上手ではありません。特にホームページが宣伝のツールだとすると、私のそれは、ペライチというテンプレートを利用して、素人でも作れる手作りで、費用も必要ないもので...

男と女は違う

2019-11-29

男と女は違う・・・・・こんな当たり前の事を今更・・・と思うかもしれませんが、あえて今日は、ここに触れたいと思います。こうも、毎日、男性の起す事件に注目し、男性の悪口ばかりを書いている私って、いつ...

性格の不一致

2019-07-28

しまったぁ~~しくじったぁ~~これまで、コラムの中で、話題としては性格の不一致について書いていましたが、改めて見直してみると、この性格の不一致という事にだけ、書いた事がなかった。夫婦の離婚理由...

夫婦、本当の相性って何?

2019-06-24

例えば、大人しく口数の少ない男性にとっては、よくお喋りする女性は自分と正反対で楽しい人物に映るでしょう。でも、その逆で男性が何でも自分がリードしないといけないタイプに対し、女性が大人しく従うタイ...

夫の不倫「二度としない」は、どこまで信じられるか?

2019-06-10

不倫 慰謝料

今日のヤフーニュースを読んでいて、下記のような記事を見つけましたタイトルは「勤務先の客と不倫した46歳男性、「二度としない」と妻に信じ込ませた4つの方法」https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=201...

妻ならではの出来る事

2019-06-07

常日頃、不倫とは・・・と説いていますが、もし言葉の意味として不倫の定義をするなら婚姻関係にある伴侶以外の異性と、肉体関係を結ぶこと、です。例えば、妻にとれば、夫の心を他の女性に持っていかれるのは...

結婚何年目が離婚の危機?

2019-04-23

親権 離婚

結婚、何年目くらいが、最も離婚になりやすいか?平成29年(2017)の厚生労働省の発表から、考えて見ましょう。5年未満:6万6491件5年以上10年未満:4万2333件10年以上15年未満:2万8226件15年以上20年未満:2万...

結婚してからの関係性の変化

2019-04-10

お見合い

昔の諺で、「一つ上の女房は金のわらじを履いてでも探せ」というのがあります。つまり一つ年上女房はしっかり者で、家庭は安泰だ、という意味ですが、最近の女性は一歳上でなくても、そもそも女性はしっかりして...

たかが結婚、されど結婚

2019-03-13

お見合い

今日のテーマは、結婚が、結婚をする為の手段になっていなかったか?・・・について書いて行きます。よくよく、思い返せば、パートナーの方を見ずに結婚をしたと言う方がいます。それは、失恋直後に自分に優し...

相(あい)反するものは望めない

2019-03-07

ちなみに私は、血液型O型です。決して血液型占いを信じるわけではありませんが(占いはあまり好みません)O型はギャンブル好きだそうです。そして多分、私はギャンブルが好きだと思います。でも、ギャンブル...

夫婦だからという決め付け

2019-01-19

オノマトペオノマトペとは、物の音や声などをまねた擬声語(ざあざあ、じょきじょきなど)、あるいは状態などをまねた擬態語(てきぱき、きらきらなど)をさすことばという意味だそうです。さて、このオノマト...

夫の嫌いな部分は実は自分の嫌いな部分

「夫婦は映し鏡」という言葉がありますが、今日はその解釈を現代風に分析します。それにしても、あ~暑い。暑いったらしない。もう本当に暑いという言葉しか出てこない。んでもって、ふと気がつけば、...

生き方が違ってきてしまった夫婦

2018-04-21

相談者がよく言う言葉で、「夫は人が変わってしまったのでしょうか?」と問われます。 確かにお話をお聞きしていると、夫婦が知り合った頃のピュアなご主人ではなく、妻を排他するような態度。 知り合った当...

この専門家が書いたJIJICO記事

立川志らくの妻が弟子と不倫 「この程度のことで家族の絆が崩れることはない」の発言から見えてくる真意とは?

立川志らくの妻が弟子と不倫 「この程度のことで家族の絆が崩れることはない」の発言から見えてくる真意とは?

2020-03-10

離婚問題

人気落語家で、朝の情報番組の司会を務める立川志らくさんの妻が、弟子と不倫関係にあったと週刊誌が報じました。56歳の志らくさんより18歳年下の38歳。年下妻の不倫から、離婚を回避するには、今後どのような努力が必要でしょうか。夫婦の浮気問題に詳しい村越真里子さんに聞きました。

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

2019-11-22

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

山里亮太と蒼井優結婚!男女の本当の相性とは?

山里亮太と蒼井優結婚!男女の本当の相性とは?

2019-06-08

美女と野獣のカップル誕生!!人柄が勝利しました。見てくれの美醜よりも、結局人間、中身だと教えてくれた山ちゃん。男女の本当の相性を考えて行きたいと思います。また結婚生活の成功の秘訣も覗いて行こうと思います。

「別れさせ屋」に適法判決 工作を頼む前に考えておくべきこと

「別れさせ屋」に適法判決 工作を頼む前に考えておくべきこと

2018-09-26

「別れさせ屋」はその行為の是非が問われやすいものです。法律上の判断にかかわらず、恋愛に卑怯な行為やうしろめたい行為は避けたいものです。

結婚による意識変化 若年層男性は妻を大切にする傾向その逆は…

結婚による意識変化 若年層男性は妻を大切にする傾向その逆は…

2018-08-21

「結婚・家族に関する意識」調査で若年層男性のみ愛妻家が増加。「なぜ男性だけが夫婦を大切にする志向が増え、女性は増えていないのか?」「なぜ中高年層は夫婦の時間を大切にしない傾向が増えたのか?」について考察します。

配偶者と離婚ができないから(けど)不倫する、という男女

配偶者と離婚ができないから(けど)不倫する、という男女

2018-07-22

離婚と異性の存在を分けて考える夫が多いが、果たして本当なのか?別居をする本当の理由は何か?異性と不倫を始めたのが先か、夫婦が冷め切っていた後に不倫相手と深い仲になったとしても妻は許すのか?

夫のことがストレスで妻が体調を崩す「夫源病」。大事なのはコミュニケーション

夫のことがストレスで妻が体調を崩す「夫源病」。大事なのはコミュニケーション

2018-06-18

夫のことがストレスで妻が体調を崩す「夫源病」。ストレスを溜め込まないために重要なのは夫との「思いやりをもった」コミュニケーションです。

浮気している夫から妻へ「冷たい態度を取る」というパワハラ

浮気している夫から妻へ「冷たい態度を取る」というパワハラ

2018-04-15

浮気している夫は、妻に対して冷たい態度を取るというパワハラをするケースがあります。この態度、パワハラが起こる心理と、妻として取るべき対応を解説します。

明日はホワイトデー。夫の不倫のチェックポイントは!?

明日はホワイトデー。夫の不倫のチェックポイントは!?

2018-03-14

ホワイトデーが近づいていますが、実は男性は、こういうイベントは苦手なのです。このことを女性も知った上で、過度な期待や要望は控えるべし・・・そして、この日に分かる夫の不倫ポイントもチェック!

バレンタインデーに浮気がわかる!?当日のチェックポイントはどこか?

バレンタインデーに浮気がわかる!?当日のチェックポイントはどこか?

2018-02-11

バレンタインデーに夫の浮気がわかるかも?チェックポイントとしては出かける前の「態度」と、帰宅後の「様子」そして「匂い」。この辺りに注意を払ってみましょう。

産後のセックスレスの原因、「産後クライシス」を乗り越えるには?

産後のセックスレスの原因、「産後クライシス」を乗り越えるには?

2018-02-07

産後のセックスレスを乗り越えて夫婦の絆を深めるには、適切なコミュニケーションが重要。男女の特性をお互い理解・把握したうえで協力し合う関係を目指しましょう。

男たちの夫婦観はなぜ変わらないのか?

男たちの夫婦観はなぜ変わらないのか?

2017-09-30

共働きが増えても、「介護や育児は女性の仕事」という意識が根強いようです。その背景と、起こるかもしれない問題について夫婦問題のカウンセラーが解説します。

死後離婚を選ぶ人が増えているワケ

死後離婚を選ぶ人が増えているワケ

2017-08-22

死後離婚という言葉を最近よく耳にします。死後離婚とはどういうものなのか、また死後離婚を選ぶ人が増えているワケについて解説します。

県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?

県民気質を知らずに結婚すると離婚につながりやすい?

2017-07-27

県民性や地域性が離婚に影響するというニュースが話題になりました。なぜなのでしょうか?関西の人を例に挙げて解説します。

増えるシニアの恋愛や結婚 最近のシニア恋愛事情について

増えるシニアの恋愛や結婚 最近のシニア恋愛事情について

2017-07-07

最近、シニアの方の恋愛や結婚が増えています。その理由として、昔と比べて健康で元気なシニアが増えていることと金銭的な余裕があることが挙げられます。最近のシニア恋愛事情について解説します。